神戸 垂水 倉庫改修工事2

先日シーラーを塗った基礎部分には専用の上塗りを塗ります。基礎部分は土間からの水気を吸い、また床下の湿気を通すため通常の塗料で塗装するとはがれやすくなります。そのため基礎部にはこういった専用の塗料での塗装がいいとされています。個人的には汚れがひどくなければあえて塗る必要があるとは思いません。

a基礎用塗料塗り2604_R.JPG  
a鉄柱の錆2604_R.JPGa錆用プライマー塗り2604_R.JPG  
   

ぐらついていたブロックを取ると鉄製の支柱の見えていなかった部分が完全にさびて一部無くなっていました。

一番は溶接で直すしかないのですが、それ以外の錆が激しい部分はこのまま使用するということですので、錆の進行を抑えるために錆面用プライマーを塗りました。

よく勘違いしているのですが、錆止め塗料というのは錆の発生を抑える効果が大きく錆を抑える効果はさほど大きくありません。だから錆を落とすケレン作業が大切で、もし錆びている上に塗装すると何年もたたずに塗膜の下に錆が発生し、下から塗膜がポコっとめくれてきます。

外壁塗装・屋根塗装は神戸の塗り替え専門店・門下塗装にお任せください。

ページ上部へ