神戸市北区O様邸 ガイナ塗装 屋根葺き替え工事 下地補修

下屋の水切りを入れた壁際を左官屋に埋めてもらいました。さすが本職、プロはきれいに埋めます!

KC4A0023a.jpgKC4A0024a.jpg  
   
   

モルタルを塗りつけて、ある程度締まったら、再度押えていきます。

後日この上を補修吹きして壁を切った跡をきれいに無くします。

カバー工法で屋根を葺く場合は壁を切らずに水切りを巻き上げてシーリングで浸水しないようにすることもあります。

壁を切って水切りを埋め込んだほうが長期にわたって雨漏りしないのですが、工事費用が少し多くかかります。

神戸市の門下塗装ならどんな小さな工事でも快く承りますので、お問い合わせください。

ページ上部へ