神戸市垂水区H様邸 外壁塗装 屋根塗装 鉄部ケレン・錆止め

シールの打ち替えをしてから乾燥期間を2日ほどおいたので、今日から塗装をはじめていきます。

いつもと一緒ですが塗装工程の初日は錆止め・上塗りの1回目の塗装です。

253H鉄部ケレン1.jpg253H鉄部錆止め1.jpg  
253H樋ケレン.jpg253H樋上塗り1回目.jpg  
253H破風上塗り1回目1.jpg253H破風上塗り1回目2.jpg  

鉄部塗装で最も大切なのはケレン(錆を落とし表面を目粗しする工程)です。写真上段の鉄部は棟押さえ金物で錆びていませんでしたし、焼付け塗装でしたので正確には錆止めではなくエポキシプライマーを塗っています。

写真中段の樋の塗装もまずは目粗しから始めます。樋の塗装の場合は下塗は必要ないですが、この目粗しをしないと密着性が落ち塗膜が剥がれやすくなります。

写真下段は破風の塗装をしているところですが刷毛と極細のローラーを使って上塗り1回目を塗っています。写真にはないですが当然ケレンと清掃は行ってから塗装しています。

外壁塗装 屋根塗装は神戸の塗り替え専門店 門下塗装にお任せください。

ページ上部へ