神戸市北区 K様邸 外壁塗装屋根塗装工事 付帯部分の下塗り他

神戸市北区の現場では外壁塗装前の下地処理と鉄部の下塗り、そして左官屋さんに依頼してのモルタル補修を行います。

屋根金物の下塗り 庇の下塗り
水切りの下塗り 鉄部の下塗り
棟金物の釘の打ち込み 胴差天端のシール処理

初めての塗り替えの住宅の場合、門下塗装では未塗装の板金には錆止め効果は劣るものの密着性の高い強溶剤エポキシプライマーを下塗りします。

この下塗り材は最近よく使われている高耐久・低汚染のガルバニウム板金の下塗りにも適していますので、ガルバ鋼板屋根の下塗りにも使用します。

屋根の棟金物を抑えている釘が抜け出していたので打ち込み、抜け止めと雨水の侵入を防ぐためシール処理しました。

胴差(1階と2階の間の帯板)の天端に打ってある釘辺りから雨水が浸み込み胴差下から浸みだしていたので、水切りと壁の隙間全てにシーリングしました。

モルタル補修 モルタル補修
モルタル補修完了  

外部階段の外側にジョリパットが塗ってありましたが浸み込んだ水の為剥がれていました。

浮いてしまっていた塗膜を剥がした後に左官屋さんにモルタルで仕上げてもらいました。

再度浮いてくる可能性がありますので今回は塗装はしません。塗膜が付けば付くほど透湿性が落ち剥がれやすくなります。

 

ページ上部へ