西宮市O様邸 付帯部の塗り替え

付帯部の塗り替えはケレンから始まります。

   

ケレンが終わると鉄部には下塗りを塗ります。鉄部といっても最近使われている板金はガルバニウム鋼板という非常に錆びにくい合金で、この鋼板は汚れも付き難いのですが、塗料の密着性もよくないと言われています。

塗り替え後数年で剥がれたりはしないのですが、塗り替え後10年以上経った時に差が出てくるので門下塗装では念のために特に密着性に優れた強溶剤型のエポキシプライマーを下塗りに使用しています。

   

次は1回目の上塗りです。樋には下塗りの必要がないのでケレンし、傷をつけた上に上塗りを塗っていきます。

付帯部分の上塗りは弱溶剤ウレタン塗料と弱溶剤シリコン塗料そして耐候性が一段とアップする弱溶剤フッソ塗料が一般的です。

当店では弱溶剤ウレタン塗料は部屋内でしか使用しなく、今回は日本ペイントの弱溶剤シリコン塗料を使用しています。

木部には和信化学の木材保護塗料・ガードラックアクアを塗っていきます。この塗料は1回塗りの半造膜水性塗料で、以前主流だった溶剤型の木材保護塗料より仕上がりも耐久性もよくなっています。

門下塗装では付帯部の2回目の上塗りは外壁塗装の後で行うので、次工程は少し先になります。

外壁塗装の終わった面から付帯部の2回目の上塗りと木部の塗装を進めていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

 

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30