樋や鉄部など付帯部分の塗り替え 神戸市須磨区O様邸

門下塗装では外壁塗装の前に付帯部分の上塗り1回目まで塗ります。

いつも書いていますが、外壁塗装が終わってから上塗りを2回塗ると本当に2回塗っているのかわかりにくくなるので、違う日に2回目の上塗りを塗ることで手抜きはしていないですよと施主様が確認しやすくしています。

   
   

目粗しだけで下塗りの必要のない樋以外の付帯部分で、鉄部には強溶剤エポキシプライマーをサイディング製の破風鼻隠しには弱溶剤エポキシシーラーと素地に適した下塗り材を使用し下塗りしました。

上塗りは全て弱溶剤シリコン塗料を使用します。

付帯部分の1回目の上塗りまで終わったので、明日からは外壁の塗り替えに入ります。

今回は西面と北面の外壁軒から塗り替えていきます。

外壁塗装の終わった部分から2回目の上塗りを塗りました。

東面に大きな木製ルーバーがあります。以前は防虫防腐塗料のキシラデコールで塗り替えてあったのですが、今回は和信化学の水性防腐塗料ガードラックアクアを使用して塗り替えます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031