モルタル部分の下地補修 神戸市須磨区鉄筋コンクリート住宅

今回改修塗装を行っている神戸市須磨区のRC住宅の外壁のほとんどは磁器タイルが貼られていましたが、東面の一部と出窓や庇の破風部分がモルタルで傷んでいる箇所がありました。

下地調査の日にモルタルが剥がれ露筋している部分のハツリと錆止めを行っていました。

雨をはさんで二日目の今日は、欠損していた部分を厚塗り用のモルタルで補修し、表面のみの劣化部分は薄塗り用の樹脂モルタルでしごきました。

塗装仕上げになるモルタル外壁のクラック部分は門下塗装の職人がサンダーでUカットし、変性シリコンコーキングでシーリングし、補修しました。

タイル面の目地やサッシ廻りはシーリング職人がシールの打ち替えをしています。

先日からの天候不順のため下地補修が遅れてしまっています。シール屋の抱えている現場はここだけではないので晴れたら人数を多く入れるということも出来ず外壁の高圧洗浄の日も変更せざるを得ない状況です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829