神戸市K様邸塗装工事 バルコニー土間のFRP防水のトップコートの塗り替え

最近の木造住宅のバルコニー土間はほとんどFRP防水で防水されています。

10年くらい前に塗り替えた時には(施工時期は20年以上前)トップコートが剥がれていたりグラスウールが割れていたりと不具合の出ている場合もありましたが、最近はそういった不具合はほぼ見かけず、トップコートの塗り替えだけで充分な状態が多いです。

ちなみに以前起きていた不具合の多くは施工する職人がまだFRP防水に不慣れで施工ミスがあったことが原因でした。

FRP防水で最も起きやすい不具合は中塗りと上塗りの密着不良によるトップコートの剥がれです。

以前の塗り替えでは既存防水層をサンダーでケレンし、目粗ししてからプライマーを塗り、そのあとトップコートを塗っていました。

現在では目粗しの必要のない塗り替え用プライマーが開発されているので掃き掃除後にアセトンで油分を拭き取り、そのあとプライマーを塗りトップコートの工程に入ります。

   

今回使用したトップコートは1回塗りの材料なのですが、トップコート塗膜が薄くなってしまいエポキシの黄変が起きたことがあったので、2回塗りして仕上げています。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930