鉄筋コンクリート造のマンション下地補修 神戸市垂水区

外壁と軒の高圧洗浄が終わった神戸市垂水区のマンションでは下地補修を行っていきます。

協力会社のシーリング職人はサッシ廻りや目地のシーリング打ち替えを行います。

年数の経ったコンクリート造の建物ではサッシ廻りなどに隙間ができて、そこから雨水が侵入し湿気となって内部から塗膜を浮かせてくることがあるので、最低でもシーリングの打ち替え(新築時に打たれていない場合は新規)が必要です。

外壁の目地はこの中でクラックが入り易くしているのでシールして割れから壁内に雨水が入らない様にします。

現在の施工方法ではサッシと面台の取り合いは必ずシーリングするのですが、この部分にはシールされていなかったのでサッシ廻りや目地に使用した2成分形ウレタンシーリングとは別の1成分形変性シリコンシーリングでシールしました。

これの作業をしっかりとすることで塗り替え後に塗膜が膨らむという現象が起きなくしています。

鉄製の手摺が朽ちていてとても危険な状態になっていたので、鉄工職人に来てもらいその部分を修繕してもらいました。

それ以外の下地補修では外壁のクラックにコーキングを刷り込んだり、爆裂して欠損しているモルタルを補修したりしました。

西棟の東面は下地補修も大方終わったので、いよいよ塗装工程に入っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031