外壁淡色部分に上塗りのナノコンポジットWをローラーと刷毛で塗ります

下塗りまで終わっている西側の外壁淡色部分をナノコンポジットWを使って上塗りして行きます。

水性塗料が主流になり、近隣様への気遣いもしないといけない最近ではほとんどの塗料はローラーと刷毛で塗装します。

上塗り1回目の乾燥待ちの間や2回目外壁塗装が終わってからの余って時間で屋根のカラーベストに下塗りの遮熱シーラーを塗り、最後には仕上がった外壁の養生を外して帰りました。

最近はローラー塗りが主流と書きましたが、東側の外壁は多彩柄での仕上げになるので下塗りと中塗りは刷毛とローラーですが、上塗りは吹き付けになります。

門下塗装では飛散しにくいスプレーガンを使用してアーバントーンなど多彩柄の吹付けを行うのですが、それでも近隣に塗料が飛散しないようシートを2重貼りしたり細心の注意をはらいます。

神戸市明石市外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

ページ上部へ