アパートの鉄骨の塗り替え

メンテナンス不足で腐食した鉄部の錆は塗り替えだけでは進行を抑えきれません。しかし錆びている鉄部の塗り替えは出来ないとは言えないので出来るだけ錆を落とし、錆止めを塗り、その後上塗りして塗り替えていきます。

まずは錆で塗膜が浮いている部分を皮すきやスクレーパー、マジックロン(硬いタワシのようなケレン道具)で落とします。錆が出てきたら今度は粗めのサンドペーパーで表面の錆を落としていきます。

一般住宅などで行われるのは、このような活膜を残し不良部をケレンする3種ケレンまでです。

もし最も丁寧な?ケレンは1種ケレンとなるのですが今回のような錆び方をしてしまっている場合は穴が空きなくなる部分もあります。

当店では鉄部は特に早めにしかもしっかりとメンテナンスすることをお勧めしています。

特に錆びている部分は防錆処理をするか、もう一回錆止めを塗りたいところですが、収益用物件で予算の都合上一般的なケレン後錆止め1回、上塗り2回塗りで塗り替えていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ