東面と北面の軒の塗装と外壁下塗り

門下塗装ではたいていの場合、外壁塗装を2面づつもしくは2階と1階のように分けて進めていきます。

これは全ての窓を塞ぐと換気が出来なくなるのが大きな理由です。空き家などの塗り替えの場合は全面一気に塗り替えていきます。

今日は北面と東面の養生から始め、軒の上塗りと外壁の下塗りを塗りました。

 

軒の塗装にはNAD型塗料という少し臭いがするのですが、密着性が良く防カビ性能に優れた塗料を使用しました。

下塗りが要らないので外壁の下塗り前に軒に上塗り1回目を塗り、外壁の下塗り後に上塗り2回目を塗って軒は本日仕上がっています。

アクリルスタッコ吹きの外壁は表面がごつごつしており、下塗りの微弾性フィラーを塗るのに力を入れて刷り込むようにしながら塗っていきます。

こうして塗ることでスタッコのピンホールが埋まり上塗り後の仕上がりが好くなります。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ