付帯部の下塗りと下地補修

神戸市垂水区のTN様邸では鉄部とサイディング製の鼻隠しと化粧梁に下塗りを塗っていきます。

1回目の塗り替えなのでガルバニウム鋼板の鉄部には強溶剤エポキシプライマーを下塗りしました。

サイディング製の破風鼻隠しと化粧梁には弱溶剤エポキシシーラーを下塗りしました。

   

午後からは化粧梁と胴差の割れ部分の補修と、雨水が入り込む恐れのある端部をシーリングします。

   
   

不良部分から長年雨水が浸みこんだせいでサイディングが変形してしまっている箇所がありました。変形しているサイディングを無理に戻そうとすると割れてしまうのでこれ以上浮いて来ないようにビス留めし明日ジョイント部分の隙間をシーリングします。

釘留めしている辺りで割れている胴差は割れの左右が固定されていないのでビス留めし固定しました。

化粧梁の端部からも雨水が浸みこむので侵入口になる梁の上部をシーリングします。

   

下部をシールするとどこかから入り込んだ雨水の逃げ道がなくなるので、下部の隙間はそのままで塗り替えます。

化粧梁のジョイントの隙間も胴差のジョイントと一緒に明日シーリングします。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ