バルコニー下の箱型枠が錆びていた理由

バルコニー土間の排水をするための樋を囲っている箱型の枠が錆びていました。

原因らしい箇所が見当たらなかったので床に敷いてあったデッキ材を外して土間の状態を確認しましたが、土間の鋼板にも不良箇所は見つかりませんでした。

足場を組んで錆具合を目の前で確認すると内部から完全に腐食してしまっていましたので、原因を突き止めて下地処理をしないと塗り替え後すぐに再度不具合が起きてきそうです。

 

足場上からしみじみと確認すると笠木の水切り下と開口枠廻りが全面コーキングされていました。

もしかしてと思い既存シールを撤去すると所々に水が回ってかびていました。

水が回っている部分は切り取ると黒く変色しています。

水切りに段差がなくなっていたので水が切れずに雨水が回り込んだのか、ジョイント部分などから入り込んだ水の逃げ場がなくて中に入り込んだのかは分かりませんが、この部分から入り込んだ水が箱型枠の内側に行き錆びさせていたようです。

既設シーリング材を全て撤去しアルミとモルタルの際のみに新たにシーリングしました。

 

 

これで雨水侵入口の処理は終わりました。

次は傷んで朽ちてしまっている箱型枠下部の補修をどうするかです。

取り換るのは大事になりますし、見栄えのみの問題でここが朽ちても危険になる事もないので、出来るだけ簡単に修繕してから塗り替えます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ