下地補修 シーリングの打ち替え

協力業者のシーリング職人に来てもらいサッシ廻りとサイディング目地のシーリングの打ち替えを行いました。

サッシ廻りも目地も既設シールを撤去し、オートンサイディングシーラントで打ち直すのですが、サッシ廻りにはバックアップ材が入っていない部分もあり撤去するのに手間がかかりました。

二日間で延べ人数で6人でシーリングの打ち替えを終えました。

 
   

シーリング材と上塗り塗料との伸縮率の違いや、サイディング目地はムービングジョイント(揺れた時に動く部分)のため塗り替え後のシールの上の塗膜が裂ける事があります。

これは防ぎきれないので門下塗装では割れた時に目立たない様に上塗りの塗料に近い色のシーリング材で打ち替えています。

だいぶ温くなってきましたがまだシールの完全乾燥には2日以上必要です。外壁の塗装は早くても翌週の月曜日以降なので土曜日と日曜日の2日間で乾燥し、問題なくなります。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

ページ上部へ