母屋の次は平屋の離れ部分を塗り替えます

神戸市須磨区の現場では玄関のある平屋部分の肌合わせがしてから外壁と軒に微弾性フィラーを下塗りしていきます。

 

母屋の肌合わせをしたタイミングではモルタルの乾燥が甘かったので、充分に乾燥させた今日2度目の肌合わせを行いました。

スタッコを吹き付けるためのシーラーを塗り、マルチガンで吹付け、吹付けた山が締まってからカットローラーという固いローラーで凸部を押え、ヘッドカットしました。

肌合わせをしていない面の下塗りをして作業を終えました。

神戸市や隣の明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

ページ上部へ