外壁補修跡の肌合わせを吹き付けで行います

築年数の経つ木造家屋の場合、最近のアルミサッシの建物より養生に手間がかかります。何とかモルタル補修の後に下塗りと吹付けまで終えることが出来ました。

今年の初めに塗り替えたNB様邸もでしたが、スタッコ吹きの場合は既存柄にぴったりと合わすことが難しいので多少の補修跡は残ってしまいます。

他店では吹き付けではなく砂骨ローラーで凹凸を付けるだけで肌合わせをしない場合もあるようですが、出来るだけきれいに仕上げたいので門下塗装ではコンプレッサーを持って行き吹付での肌合わせを行います。

 

ページ上部へ