鋼板の下塗りにはエポマリンGXを、錆が出ている鉄部には錆止めを

現在主流のガルバニウム鋼板は錆びにくく汚れも付き難い大変優れた鋼板です。汚れにくい分塗料の密着性も高くないので門下塗装では錆止め効果は高くないが密着性の優れた強溶剤エポキシプライマーを下塗りとして使用することが多いです。

   

錆てしまっている鉄部にはこのプライマーは不向きなので、そういった鉄部には錆止め効果に優れた2液型の弱溶剤エポキシ錆止めを使用します。

 

 

水切り金物と壁との間に隙間が出来てしまい水気を含み苔が生えやすくなっていたので隙間をシーリングしておきます。

木製玄関ドアの枠廻りにも隙間が出来ていたのでしっかりと隙間詰めを行いました。

門下塗装では外壁塗装の前に付帯部の上塗り1回目まで塗るので次回の作業では樋や鉄部に上塗りの1回目を塗ります。

ページ上部へ