某ハウスメーカーの建物でサッシ廻りと縦目地にはガスケットというパッキンが入っていました

今回塗り替えている神戸市兵庫区のYSM様邸はハウスメーカーの軽量鉄骨造サイディング外壁の建物でサッシ廻りや縦目地にはガスケットというパッキンが入っていました。

このガスケットは可塑剤が含まれているのでこの上をシールしたり、塗料を塗ったりすると、コーキングが膿んだり塗料が変色したり不具合が起きやすいです。

塗り替え後に不具合が起きない様に全てのガスケットを撤去し、横目地にしてあったようにコーキングでシーリングし直します。

過去に何度もこの手のパターンは経験しているのですが、今回のようにガスケットを撤去するとすぐに断熱材が入っているのは初めてでした。断熱材にボンドブレーカーを貼り付けサイディング目地の両端で2面接着になるようにしてから、プライマーを塗り、オートンサイディングシーラントでシーリングしました。

建物自体が大きかったこともあり人数を増やしても1日では全く終わりませんでした。

明日も続きのシーリング工事を行います。

 

ページ上部へ