カラーベストの屋根に金属屋根のカバー工法 神戸市垂水区SM様邸塗装工事

今回の工事では一番初めの打ち合わせから施主様が屋根は金属屋根の葺き替えをとの希望でしたので、カラーベストを残したまま金属屋根をカバー工法で葺き替えました。

カバー工法の場合はまず棟包みやケラバの金物を撤去します。

その後ルーフィング(簡単にいえば屋根用防水シートです)を全面に貼ります。現在では屋根の防水はこのルーフィングがしています。この上に葺く屋根瓦はルーフィングに雨水がかかりにくくするためと日光を遮断しルーフィングを守るため、そして見栄え好くするためだと思ってください。

ルーフィングが貼り終わったら、谷やケラバ(端部)に金物を仕込んでいきます。

これらの金物は隙間からもし雨水が入り込んだら排出するための道になります。

メインの金属屋根を葺いていきます。下から順に釘留めしながら上に上にと葺いていきます。

いちばん最後には棟包みを取り付けるための棟木を打ち付けその上に棟包み金物を取りつけます。取付は側方から仕込んだ棟木に釘留めすることになります。

端部のケレバ金物を取り付け葺き替え工事は終了です。

 

葺き替えが終わったので明日からは破風と鼻隠しの板金カバー取付工事です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

ページ上部へ