雨戸の塗り替えを吹き付けで行います 神戸市垂水区KM様邸塗装工事

かなり傷んでいたスチール雨戸の塗り替えを行います。前回の塗り替えが粗かったのでケレンが大変だったのですが、弱溶剤エポキシ錆止め塗ったら脆弱な塗膜が再度浮いて来ました。浮いた塗膜をペーパーですり落とし上塗りの弱溶剤シリコン塗料を2回吹き付け塗装し、雨戸を仕上げました。温風で吹き付けるチロンガンというスプレーガンを使用して吹き付けているので一日で3工程吹付けることが出来ました。

 

今回の雨戸は天端と下端がアルミ製でスラットとサイドはスチール製でした。

前回の塗り替えではアルミの部分も塗ってあり、かなり剥がれていました。ディスクペーパーを使ってアルミ部分の塗膜を剥がしたので傷が多く入っているのですが、施主様にこの部分はアルミ製で密着が好くない、レールにこすれる部分なので塗ってもまためくれてきますと説明し、今回の塗り替えでは塗らないということにしてもらいました。

 

ページ上部へ