鉄部の錆止めと外壁の樹脂モルタル補修 神戸市垂水区KM様邸塗装工事

外壁補修はコーキングでクラック処理をした後に樹脂モルタルを塗り出来るだけ平滑になるようにしました。

まだ下塗りで出来ていない鉄部には弱溶剤エポキシ錆止めを塗り、これで付帯部の下塗りは終わりました。

 

雨の降らない間に屋根に下塗りを塗り、雨水がスレートに浸み込まないようにしたのですが、強化シーラーでも吸い込みが激しくもう1回シーラーを塗っておきたい状態です。

棟包み金物の押さえ釘の釘頭をコーキングで抜け止め処理しも行いました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ