専門職のシーリング職人に依頼して下地補修を行います 神戸市西区外壁ガイナ塗装

今回の塗り替え現場は、戸建て住宅の1回目の塗り替えで一番多いタイプの木造サイディング壁です。

目地は撤去してから打ち替え、サッシ廻りで撤去しなくても打ち代のある部分と入隅は増し打ちで打ち替えていきます。

 

稀に塗り替え後、シーリングの上の塗膜が割れる事があります。

これは家屋が揺れた時やシールの熱膨張などが原因で、シールの伸縮率と塗膜の伸縮率が違うため起きる現象です。

シールの伸縮に追従できる塗料で塗り替えればこの現象は起きないのですが、今度は別の不具合が起きる可能性が出来てしまうため、門下塗装ではシーリングの上の塗膜が割れる事は仕方のない事と割り切っていただくようにしています。

過去にあった一番ひどいケースでは、ぱっくりと割れて白いシールが濃い色の上塗りの下に見えてしまいました。万が一見えても目立ちにくいように上塗りと近い色のシーリングを使用して打ち替えていますので、シーリング終了写真では白っぽい色と茶色があります。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

ページ上部へ