パワーボード外壁のシーリング打ち替え 神戸市垂水区HK様邸

パワーボードやALCの壁材が使われていると下地補修の必要な目地の数量が多くなってしまいます。これらの壁材の場合は特にシーリングは重要な1次防水になるのでしっかりとした処理が必要になります。

目地とサッシ廻りともに出来るだけ撤去し、打ち直しました。軒廻りや入隅部分は増し打ちで打ち替えられるので撤去せずに打ち替えました。

月曜日と火曜日で打ち替える予定でしたが、火曜が雨だったので、月曜に撤去した箇所は全て月曜に打ち替え、雨の上がった水曜日に続きを行い終わらせました。

 

ページ上部へ