破風板や軒天の補修大工工事 

今回の物件では、塗り替えまでの時間が少し長くなっていたので所々に補修の必要な箇所がありました。

大工さんに来てもらい破風板と軒天の補修をしてもらいます。

 

最近はほとんどないのですが、雨当たりの破風部分や鼻隠しにケーカル板を使われていることがありました。

ケーカル板は水を吸うと表面が劣化し、塗膜ごと剥がれ落ちてきます。今回はケーカル板より外部に適しているフレキシブルボードを使用して破風を貼り換えました。

バルコニーの防水が傷んで水がまわり傷んでいたバルコニー下の軒天は、ケーカル板を増し貼りして補修しました。

鼻隠し部分にもこのケーカル板が使われているのですが、劣化具合が破風ほどではなかったのと、この部分の交換をするには軒樋も交換する必要があるので、今回は弱溶剤エポキシシーラーで強化してから塗り替えることになりました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

ページ上部へ