お隣と近い外壁の塗り替えでは隣の付帯部を汚してしまうことがあります

今回塗り替えた家の1面が隣ととても近かったので塗り替えるときにはメッシュシートの外側にブルーシートを張って塗り替えました。メッシュシートだけだとシートの目を突き抜けて塗料が飛散することがあるためなのですが、先に塗り替えていたお隣の塗料がこちらのシャッターBOXの天板部分に飛散していました。施主様には全く見えないのですが気持ち良くないのでシンナーで綺麗にしておきました。

 

見えない部分まで綺麗に出来るかどうかはこういった箇所でもそうですし、屋根の水切り部分やカラーベストの鼻先部分でも分かります。

当店では軒樋の上にある屋根の水切り金物も下塗りから上塗りまできちんと塗っていますし、カラーベストの鼻先部分も塗ってあります。

他店が施工した同じ部分は水切り金物は全く塗られておらず、鼻先部分も塗り残しが多くあります。下からは見えないのだからいいやんということなのでしょうか。

塗装には美観・保護。機能性という大きな目的があります。きちんと塗ることで鉄部は錆びにくく鼻先部分は苔が生えにくくなりますので、塗っておいた方がいいです。

自己満足かも知れませんが、自分の仕事に責任を持てと当店の職人を指導しています。

 

ページ上部へ