うろこ型のカラーベストはタスペーサーを挿入できないので 

外壁の下地補修にシーリング職人が来ていますので、外壁塗装の前に屋根の塗装を進めます。

今回の屋根はうろこ型のカラーベストだったので縁切り部材タスペーサーは挿入できません。

ですので接着材の役割のシーラーを下塗りしないオリエンタル工業のニューマイルド優雅で塗り替えます。

この塗料は上塗りを吸い込ませて着色するのでよく使用する屋根用塗料よりもカラーベスト同士がくっつきません。

   
   

屋根の金物に下塗りを塗り、カラーベストと一緒に上塗りします。

吸い込みが激しそうで、正規の塗装回数の2回で治まらないかもしれません。その場合は上塗りを3回塗りして仕上げます。

 

ページ上部へ