門下塗装では外壁塗装の前に付帯部の上塗り1回目を塗り、2回塗りしていることを分かりやすくしています

個人住宅の塗り替えで、多くの塗装店では外壁塗装の前に付帯部の下塗りを塗り、外壁が仕上がってから1日で上塗りを2回塗りしています。

1日で2回塗っても、乾燥時間を守ることは可能なので同じ日に仕上げるのは何の問題もありません。しかし施主様はその日に在宅して作業を見ていないと2回塗ったかどうかを確認できません。

門下塗装では別の日に2回目の上塗りを塗ることで少しでも安心してもらえるようにしています。

   

付帯部の上塗り1回目の後には下屋の水切りとジャッキの下部分に屋根の上塗り1回目を塗りました。

外壁サイディングで傷んでいた部分をカチオン樹脂モルタルで補修し、表面を強化しました。

神戸市垂水区 ST様邸

 

ページ上部へ