1階外壁と2階外壁の間の胴差が変形していたのでコーキングで補修します

サイディング外壁の場合1階と2階でサイディングの種類を替える、縦貼りでボードを貼っているなどの場合、1階と2階の間にサイディングのジョイントができます。

このジョイント部分を胴差を取り付けて見栄え好くすることがあるのですが、胴差の天端から雨水が浸みこむと胴差自体が劣化したり、ジョイント部分の雨仕舞が悪いと雨漏りを起こすこともあります。

今回塗り替える神戸市須磨区の一戸建てでは、樹脂製の胴差が使用されていたのですが胴差自体が変形し天端が大きく開いてしまっていました。ビス留めが可能な箇所は胴差を外壁に固定し直し天端の隙間を変性シリコンコーキングで塞ぎました。

現時点で雨漏りは起きていないので胴差の中にあるジョイント部分の雨仕舞はしっかりとされていると思われますが、こうしておけば将来もし内部の水仕舞いが傷んできても雨漏りを起こしにくくなります。

関西地方は梅雨まっだた中で出来る作業を少しづつ進めていきます。

ページ上部へ