芦屋市 N様邸 外壁塗装・防水工事 西面外壁下地補修

外壁3面のサッシ廻りとALC目地の下地処理は将来劣化した時の為にシール増し打ちで施工したので早かったのですが、雨漏りを起こしていたので撤去後の打ち直しを行う西面の下地処理は手間がかかっています。

 

 

コーキングカッターを使用して撤去したALC目地とサッシ廻りのシーリング以外にも配管の貫通孔廻りや配管のバンド廻りなども下地処理しました。

シーリング材が不足してしまったので、明日も少しシーリング打ち替え作業をします。

 

ページ上部へ