ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

神戸市須磨区 O様邸塗り替え工事 手摺のケレン

今日は鉄工職人に補修してもらった鉄製の手摺の補修した箇所以外を再度グラインダーでケレンしました。

2017356329.JPG20173563223.JPG  
   
   

高圧洗浄の前に生鉄の部分は錆止めを塗らないとすぐに錆びて来ますので、明日は日曜日ですが錆止めを塗に来ます。

神戸市須磨区 M様邸外壁塗装工事 外壁の下塗り

昨日1日がかりで外壁塗装用の養生をした神戸市須磨区のM邸は外壁に下塗りをしていきます。

20173555625.JPG20173555635.JPG  
20173555652.JPG2017355574.JPG  
20173555721.JPG20173555735.JPG  

スタッコ特に今回のような吹きっぱなしの塗り替えは塗料の吸い込みが激しく材料が通常より多く必要です。

通常なら1回塗りの下塗りも2回塗りしてから、上塗りに入っていきます。下塗り1回塗りのままでは仕上がりが良くならない上に上塗り材料も非常に多く必要になってしまいます。

明日は上塗りの1回目、施主様の希望で少し色を変えて中塗りとして塗装します。

 

神戸市須磨区 O様邸塗り替え工事 手摺の補修工事

須磨区の現場では鉄工所に来てもらい手摺の不良箇所を補修してもらいます。

20173561450.JPG2017356152.JPG  
20173561518.JPG20173561531.JPG  
2017356169.JPG20173561633.JPG  


応急でならアルミテープなどで補修することもありますが、完全に朽ちて穴の空いた鉄部は部材の交換でしか補修出来ません。

明日は再度鉄部のケレンを行いその後塗装します。

神戸とその近郊の明石市などの外壁塗装・屋根塗装は門下塗装にお任せください。

 

神戸市須磨区 O様邸塗り替え工事 鉄部のケレン

以前塗り替えさせていただきたお客様からの紹介で工事を任せていただくことになった、神戸市須磨区の居宅の塗り替え工事が始まりました。

昨日足場組みが終わり、今日は屋上にあった物置の撤去・廃棄と手摺などの鉄部のケレン作業です。

20173344048.JPG  
2017334411.JPG  
20173344113.JPG  

外壁の傷みや汚れ以上に屋上の手摺などの鉄部の状態を気にされていたので、グラインダーを使い念入りにケレンしています。

明日からは鉄工所が来て、特に傷んでいてちぎれたり穴が開いたりしている箇所の補修を行います。

神戸市須磨区 M様邸外壁塗装工事 外壁塗り替え用の養生

今回の神戸市須磨区の現場は、最近の木造サイディングの住宅ではなく、築年数が少し経った木造モルタルの和風建物のため外壁塗装用の養生に手間がかかってしまいました。

予定では塗り替え用の養生を終わらし、下塗りの微弾性フィラーを2回塗りして作業を終える予定が全く前に進まず、下塗りに入ることさえできすにこの日は終わってしまいました。

20173342851.JPG2017334291.JPG  
20173342913.JPG  
   

ベランダ排水のドレンのエルボの周りに隙間が出来ていたので、シーリングしました。こういった所からも雨水が侵入します。特にサイディング壁の場合にはここから雨漏りすることもあります。

 

神戸市須磨区 M様邸外壁塗装工事 外壁補修跡の補修吹き付け他

神戸市須磨区の現場では付帯部分の下塗りと上塗り1回目、そして補修箇所の肌合わせを行います。

20173341130.JPG20173341142.JPG  
20173341158.JPG20173341213.JPG  
   

ケレンを終えた鉄部にエポキシ錆止めを塗り、乾燥後に上塗りの1回目を塗装しました。

この日のもう一つの大切な工程は補修箇所の肌合わせでした。

20173341616.JPG20173341630.JPG  
20173341645.JPG  
   

スタッコが吹き付けてある外壁のため補修跡が消えにくいのですが、極力きれいに仕上げるため既存吹き付け模様に吹き戻しています。

この上に微弾性フィラーをパターン塗りすることも多いのですが、今回は微弾性フィラー素塗りで下塗りします。

神戸・明石の外壁塗装・屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

明石市 S様邸塗装工事 塀の上塗り

今日は兵庫県明石市の現場に塀の上塗りに来ました。

20173334437.JPG20173334448.JPG  
2017333450.JPG20173334513.JPG  
   

外構の塀は雨ざらしのため雨垂れが付きやすく、1年程度で水の筋が汚れとなって出てくることが多いです。

門下塗装では塀の塗装には水性シリコン塗料より汚れにくいナノコンポジットwという水谷ペイントの塗料を使うことが多いです。今回もナノコンポジットWを使って上塗りしました。

明石市 S様邸塗装工事 屋根の仕上げと塀の下塗り

明石市のS様邸の塗り替え工事もいよいよ大詰めで、屋根を仕上げ、外構塀の塗装に入ります。

20173165223.JPG20173165233.JPG  
20173165243.JPG20173165253.JPG  
   

リブの化粧ブロックの塗装はローラーが使えないので、非常に手間がかかりますが、これも必要な作業です。きっちりと下塗り上塗りと塗っていきます。

神戸の外壁塗装・屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

明石市 S様邸塗装工事 シャッター塗り替え他

今日は日曜ですが、早く終わらせて欲しいという事で作業しています。

今回の明石市の現場は前回の塗り替えでシャッターを塗り替えてあったので今回も塗装します。

シャッターを塗り替えると塗膜が剥がれやすいので、門下塗装では傷みが大したことなければ塗らないことが多いのですが、塗ってあると塗らないわけにはいきません。錆が全く出ていないので塗膜をつけすぎない様に上塗りのみの塗装で仕上げました。

20173164359.JPG2017316449.JPG  
20173164423.JPG20173164436.JPG  
   

外構塀の補修跡の肌合わせと外してあったエアコン配管カバーの塗装も行いました。

神戸市須磨区 M様邸外壁塗装工事 木部の塗り替え

神戸市須磨区の現場では下地補修の続きと玄関庇の木部の塗り替えを行います。

20172265758.JPG2017226589.JPG  
20172265822.JPG20172265834.JPG  
   

外壁の下地補修は終わったので、外壁塗装の初めに肌合わせのために補修吹きを行います。出来る限りきれいに仕上げていきたいのですが、既存塗膜がスタッコの吹きっぱなしだったので補修跡が残りやすいです。スタッコの吹きっぱなしは表面のがたがたが大きくて補修した場合、その補修の跡が非常に消えにくいのです。

玄関庇の木部は木材保護塗料ガードラックアクアで塗り替えていきます。

ページ上部へ