コンテンツ

外壁塗装に使用する塗料の種類

外壁用下塗り材

シーラー(プライマー) 水性 ほとんど臭いませんので現在の主流です。
シーラー(プライマー) 弱溶剤型 水性より密着性が高いです。少しにおいがします。
シーラー(プライマー) 強溶剤型 さらに密着性があがりますがかなり臭います。
微弾性フィーラー 壁面のヘアークラックは隠れます。下地がモルタルのときに多く使っています。

 

外壁用上塗り材

■水性上塗り材

最近はほとんどにおいのしない水性が主流です。

単層弾性塗材  防水効果のあるゴム系の塗料です。最近はほとんど使いません。
水性アクリル樹脂塗料 塗装費用を抑えたいときに使います。貸し店舗や古い賃貸物件など
水性ウレタン樹脂塗料  少し前まで主流でした。
水性シリコン樹脂塗料 現在最も使われている材料です。
水性フッ素樹脂塗料 特に汚れやすい立地条件の物件や工事が困難な場所に最適な超耐久・超低汚染の塗料です。

 

■弱溶剤型塗料

水性に比べ、少しにおいますが密着性・耐侯性に優れています。下地がサイディングのときや原色に近い色のときに勧めています。

弱溶剤シリコン樹脂塗料 サイディングの塗り替え時に多く使っています。
弱溶剤フッ素樹脂塗料 個人の住宅では使用したことはありませんがすばらしい艶に仕上がります。

 

外壁の機能つき工法

外壁用遮熱塗装工法 太陽熱を反射させる機能を持たせた塗料を使い、屋内の温度を上がらなくするものです。冷房費を軽減します。
外壁用遮熱断熱工法 特殊な中塗り材を使い外壁に断熱性を持たせ、さらに上塗りで太陽熱を反射させます。冷暖房費を軽減します。
光触媒コーティング 上塗りの上にチタンコーティング剤を塗布し、日光で表面についたほこりを浮かし雨水で流します。長期に渡り美観を保ちます。

 

屋根塗装に使用する塗料

屋根の材質によって使用する下塗り・上塗りが変わります。 メーカーによってはシーラーレスの材料を開発していたり、さまざまな屋根材に応じて塗料の種類を変えたりもしています。塗り替え工事でもっとも不備が起こりやすく、その原因のほとんどが高圧洗浄の手抜きと材料の選択ミスです。

■屋根用下塗り

水性シーラー(プライマー) 再塗り替え時に多く使い、においがほとんどしません。
弱溶剤シーラー(プライマー) 初めての塗り替え時に多く使います。水性より密着性が高いです。

■屋根用上塗り

水性シリコン系上塗り材 再塗り替え時に多く使い、においがほとんどしません。
水性フッ素系上塗り材 シリコンより耐久性に優れています。
弱溶剤シリコン系上塗り材 水性より密着性に優れています。
弱溶剤フッ素系上塗り材 現在使用される材料の中ではもっとも耐久性・耐侯性に優れています。
遮熱型上塗り材 上塗りに機能性を持たせ、太陽熱を反射させ屋根裏の温度上昇を抑えます。水性・弱溶剤そしてシリコン系・フッ素系があります。

■縁切り部材タスペーサー

カラーベストの屋根は塗装すると一枚一枚が塗料でくっつき通気性が悪くなることがあります。そうならならないように隙間を作る為の部材です。

 

鉄部用塗料

■さび止め

現在使用するもののほとんどがエポキシさび止めで、1液型と2液型・弱溶剤と強溶剤があります。水性もありますが勧めません。

 

■上塗り

ウレタン・シリコン・フッ素そしてそれぞれに1液型と2液型・弱溶剤と強溶剤があります。

 

防水材・・・塗り替えの場合旧防水材によっては使えないものもあります。

水性塗床塗膜防水 水性塗床塗膜防水
ウレタンゴム系塗膜防水 水漏れの可能性があるときに使い、5年保証書が出ます。
FRP防水 小面積に適し、5年の保証書が出ます。
FRP防水の補償については、改修工事時は5年。(新築時は10年です)
塩化ビニルシート防水 大面積に適し、10年の保証書が出ます。

 

ページ上部へ