コンテンツ

門下塗装では現場調査せずに、塗り替え費用をお伝えできません。

なぜなら…

塗り替えの場合は外壁材の種類、現在の塗装の種類や状態によって、下地処理と下塗り材の種類、使用できる上塗り材の種類が変わってくるからです。

特に防水性に大きく影響する下地処理は、モルタルの外壁とサイディングの外壁では全く違う処理になりますし、サイディングの外壁でもシーリングの劣化状態によって費用が大きく変わります。

既存外壁塗装の種類、外壁材の種類に応じて適した下塗り材を使用しないと、耐久性が悪くなったり、さらに悪くすると塗膜の剥離などの不具合が起きる事もあります。

下地処理と下塗り材の選択さえしっかりしていれば、上塗りに関しては大抵の塗料が使用できますが、最近の塗料は機能性に特化したものや超高耐久のものもあるので、しっかりとした説明を聞いていただきたいです。

塗り替え後の保証があるから安心と思われるかもしれませんが、実は保証書には保証除外項目が多く書かれています。大抵の場合、新築でも塗装に関しては10年の保証はでません。

既存塗膜の劣化に伴う剥離などに起因する塗装の不具合は保証外とか、シーリングの上に塗った塗膜の割れは保証外とかいろいろと除外項目があります。

新築時の瑕疵担保でもそうですが、10年保証というものは水廻りの防水絡みに多く、一部のシーリング材や防水に出ることが多いです。

しかし、適正な下地処理を行い、適切な下塗り材を使用して塗り替えると塗料の性能を充分に発揮でき、次回の塗り替えは10年以上先になるのでご安心ください。

 
ページ上部へ