神戸市垂水区 外壁塗装 下地補修

築年数の経った物件で前回の塗り替えからも20年近く経っていたそうです。

外壁のリシン(吹き付けの種類で小さな石が入っている塗料を吹き付けています)が壁面にきちんと密着していなくて高圧洗浄でもかなり取れました。

弱くなった塗膜を落として、クラックにコーキングを打ち、樹脂モルタルでしごいてから塗装する予定でしたが、まだ落ちていない塗膜も完全に壁に密着していないのに気が付きました。弱溶剤2液型エポキシシーラーを塗って塗膜の密着性を上げようと塗ったところ塗膜がふやけて壁から浮き上がってしまいました。仕方がないので今度は浮き上がった塗膜をすべて(1面はほぼすべてめくれました)スクレーパーではがしてリシンを吹き付けてから塗装しました。

コーキング後シゴキ.jpg補修吹きつけ.jpg  
残っていた旧塗膜.jpg2液型エポキシシーラー.jpg  

浮き上がった塗膜.jpgスクレーパーでめくる.jpg

下請けで仕事しているときには、こういうとき元請けの判断次第では弱った塗膜の上に塗装することもありました。

現在門下塗装では下請けであっても、元請けにこういう状態だからこういう処置が必要で費用がこれくらいかかるので施主と話して下さいと、元請けの時には写真を撮って『こんな理由でこんな風になっています。このまま塗装できないのでこれくらいの費用がかかりますがこういう処置をさせて欲しい。』と説明してから作業をすすめています。

塗って直ぐにきれいなのは当然です。その美観が長く続くように丁寧な下地処理・材料の選択なども大切になります。知識や経験の少ない業者ではそういった適切な判断が出来ないこともありますので見積もりのときにしっかり話を聞いて、見積もり金額だけでなく業者の見極めることも肝心です。

 

神戸市の外壁塗装は門下塗装にお任せください。

 

 

 

ページ上部へ