神戸市北区E様邸外壁塗装 上塗り吹きつけ

前日シーラーを吹き付けたので、今日は軒天の上塗りをローラーで、外壁塗装の上塗りを吹き付けで仕上げます。

IMGP0054.jpgIMGP0055.jpg  
IMGP0056.jpgIMGP0057.jpg  
IMGP0058.jpgIMGP0060.jpg  

門下塗装では軒天の塗装は密着性が良く、臭いの少ない低臭エバーロックを使っていますが、実はこの材料は生産中止になるようです。最近は水性塗料が主流になり、水性のエバーロックなど(ほとんど臭いません。基本的にはノンシーラーで塗装できるのですが、ケイカル板など一部の材質に対してはシーラーが必要になります)を使用する事が増え、弱溶剤の防カビ塗料を使用する場合も安価の低臭ではないエバーロックを使用するところが多くなったのが原因だそうです。

脱線しましたが、軒天をいつもどおりハケとローラーで2回ずつ塗装し、その後外壁塗装をエアレスを使って吹き付けました。機械を使って吹き付けると飛散のリスクは増えるものの塗装作業は早いですね。シートを二重張りにするのとそれを外す手間は増えますが、それでも少ない人数で塗装できます。念の為に書いておきますが、吹き付けでも手塗りしても使用する塗料(塗布量)はほとんど同じです。

外壁塗装 屋根塗装は神戸の塗り替え専門店・門下塗装にお任せください。

ページ上部へ