神戸市北区E様邸外壁塗装 下地補修 シーラー塗り

E様邸の外壁は凹凸の多いALCでしたのでメッシュシートを二重張りにして吹きつけます。

外壁塗装でエアレスという機械で吹付けるのは最近はほとんどありません。飛散のリスクが高いのと、最近は乾きが遅い(強溶剤の塗料と比べて)水性塗料が主流になったのが主な理由です。

十分に養生して吹きつけの圧力を低くして吹き付けました。明日は上塗りを吹きつけます。

IMGP0053.jpg  
IMGP0050.jpgIMGP0047.jpg  
IMGP0048.jpgIMGP0051.jpg  

ベランダの内壁から浸水し旧塗膜が浮いていました。表面がぼこぼこしているので浮いている塗膜をめくるのにも手間がかかりましたが、その浮いた塗膜の上に塗ってもまためくれるのでこの作業はとても重要です。

心無い業者ですと、そのまま塗装してめくれたら前回の塗り替えの塗膜が原因ですから保証期間でもウチに責任はない。といいますのでご注意ください。

外壁塗装 屋根塗装は神戸の塗り替え専門店・門下塗装にお任せください。

ページ上部へ