下地処理

神戸市北区 O様邸 付帯部下塗りと下地処理

外壁と屋根の高圧洗浄の終わった神戸市北区の現場では付帯部分(主に鉄部)の下塗りとサッシ廻りの隙間のシーリングを行います。

屋根金物の目荒らし 水切り金物の目粗し
屋根金物の下塗り 水切り金物の下塗り
樋バンドの下塗り  

今回行ったサッシ廻りの隙間詰めは雨漏りの防止という事より仕上がった時の仕上がりを好くすることが目的です。

サッシ際の隙間シールプライマー塗り サッシの際の隙間シール処理
ベンドキャップ廻りシール  
屋根金物の釘の打ち込み 棟押さえ板金押さえ釘の抜け止め

屋根の棟押さえの金物を固定するための釘が抜け出てきていましたので、打ち込み、抜け止めのシール打ちも行いました。

神戸明石の外壁塗装・屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市北区 A様邸 外壁塗装工事 下地補修の続きと軒の上塗り1回目

神戸市北区の現場の外壁の補修は樹脂モルタルでの補修を行います。

樹脂モルタル補修1回目 樹脂モルタル補修2回目

 

樹脂モルタル補修1回目はUカットの後の凹みを埋めるように、2回目は補修跡が目立ちにくいように大きめにコテでしごいています。

下屋から上の2階部分の外壁塗装用の養生と軒の塗装、そして屋根金物の釘の抜け止めのシールを行い作業を終了しました。

屋根金物釘の抜け 屋根金物釘の抜け
屋根金物釘のシール 軒の上塗り1回目

神戸市・明石市の外壁塗装・屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市北区 A様邸 外壁塗装工事 下地補修と鉄部のケレン・錆止め

神戸市北区A様邸の外壁塗装工事では外壁の補修工事を進めながら今日は鉄部のケレンと下塗りを行いました。

Uカット後シール充填 Uカットシーリング処理後
サッシの際の不良部下地処理 水切りの際不良部下地処理

Uカットした外壁のクラックにシーリングを充填して乾燥させます。

他にもサッシの際や水切りの際などの不良部分も下地処理を行います。

まだ始まっていなかった塗装も始めていきます。

まずは鉄部など付帯部のケレン・目粗しと錆止め塗装です。

軒樋けれん 鉄部ケレン
樋バンド錆止め 鉄部錆止め

 

神戸市では午後天気予定より早めに雨が降り出しました。

出来る箇所のみ錆止めを塗り、早目に作業を終えました。

神戸市北区 A様邸 外壁塗装工事 下地補修工事

外壁の高圧洗浄の終わった神戸市北区の現場では大工さんに来てもらい軒天のピーリングの剥がれの補修と外壁のクラックの補修を行います。

軒天の補修 軒天の補修
軒天ピーリング補修後 玄関庇の銅板の穴

軒天の合板が剥がれていたのでボンドとタッカーで剥がれをくっつけていきます。上から新しい軒天ボードを貼り替えればきれいになるのですが、今回は補修してから塗り替えます。

玄関庇に使われていた銅板に穴が開いてしまっていました。こんなところや釘穴から浸み込んだ雨水のせいでも合板が傷んでいたようです。

外壁調査とマーキング 外壁のクラック
クラックのUカット Uカット後の外壁クラック

以前の塗り替えで弾性系の塗料を使って塗り替えてあったのに、外壁にクラックが多く出ていました。

表面のクラックより内部のクラックは大きいことが考えられたので、今回の工事ではクラックをUカットしてから補修します。

カットしてみると案の定大きなクラックが入っていました。

明日はこれらのクラックの補修などを進めていきます。

神戸市長田区 S様邸 外壁塗装工事 サイディングジョイント部分の下地処理と各所下塗り

協力会社のシーリング屋さんにサイディング目地のシーリングの打ち替えをしてもらった神戸市長田区の現場では、自社施工でサイディングのジョイント部分の隙間にノンブリードアクリルシーリングを打っていきます。

サイディングサネ部シーリング 通気口下塗り塗装
破風下塗り塗装 シャッターbox下塗り
鉄部下塗り塗装 ガレージシャッターbox下塗り

シーリングが終わったら付帯部分各所に適した下塗り材を塗装しました。

神戸明石の外壁塗装・屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

神戸市長田区 S様邸 外壁塗装工事 シーリング打ち替え

神戸市長田区の現場ではサイディング目地のシーリングの打ち替えを行います。

協力会社のシーリング屋さんに依頼し、打ち直してもらうのですが、職人が4人来てくれたので1日で打ち替えを終えることが出来ました。

サイディング目地のシール撤去  シールプライマー塗布 
 シール充填  シール押さえ終了
   

サイディング目地のシーリングの打ち替えの簡単な流れは、撤去⇒マスキング⇒プライマー塗布⇒充填⇒押さえになります。

今回は写真に写っているリシンの吹き付けのしてある部分はマスキングなしでシールの打ち替えを行いましたが、写真に写っていない焼き板調のサイディング面はマスキングをしてから打ち直しました。

なぜかというと今回の仕様ではリシン部分はマスキングなしでもシーリングの跡が目立たないのですが、未塗装の焼き板調のサイディング面はマスキングしておかないとはみ出したシールの跡が目立ってくるからです。

明日の天気予報では雨になっていますので、シールの乾燥養生としてもちょうどいいので作業をお休みします。

 

神戸市垂水区 S様邸 外壁塗装屋根塗装工事 下地補修と屋根の下塗りと破風板の下塗り

神戸のS様邸では昨日の続きとなる、屋根の下塗りと外壁の補修そしてサイディング製の破風板の下塗りを行います。

外壁のモルタル補修 破風板の下塗り
大屋根の下塗り 瓦のj鼻先部分の下塗り
   

掃き出し窓の下に元々濡れ縁があったようですが、外した跡の段差が残っていました。

綺麗に仕上げるためにモルタルで不陸調整(5㎜程度引っ込んでいた壁を均一にする)を行いました。

この後でスタッコを補修吹きすればかなり見栄え好くなります。

ジョイントのシール補修の終わったサイディングの破風にはサイディング用の下塗りを塗り、その後大屋根の下塗りの続きを塗りました。

追加した材料が届くので明日もまた大屋根の下塗りを塗り、屋根の下塗りを終わらせます。

明日の作業は樋や破風の上塗り1回目がメインの作業になります。

神戸市の外壁塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 S様邸 外壁塗装屋根塗装工事 下地補修と屋根の下塗り

神戸市垂水区の現場では外壁の下地補修と屋根の下塗りを行います。

サッシと外壁の隙間 サッシの隙間のシーリング
外壁のクラック(ひび割れ)の補修  

アルミサッシと外壁との間に小さな隙間があり、所々ひび割れていました。

雨漏りはしていないという事ですのでこの部分から水が入るという事はなかったのですが、念のためと仕上がり後の見栄えのために、シーリングしました。

外壁のクラックはアクリルコーキングを刷り込み処理します。この上に下塗りの微弾性フィラーをパターン塗りしてさらにクラックが出にくくします。

屋根の下塗り刷毛 屋根瓦(下屋)の下塗り
大屋根の下塗り刷毛 大屋根のモニエル瓦の下塗り

 

屋根は一度も塗り替えていなかったモニエル瓦で、高圧洗浄で表面の色がかなり取れました。

素地を強化し耐久性を挙げるためと、仕上がりを良くするために去年発売されたオリエンタル塗料の下塗りを塗布します。

凹凸が多いので塗りにくいのですが、コツコツと塗っていきます。

明日も今日の続きで大屋根の下塗りなどをする予定です。

 

神戸市垂水区 S様邸 外壁塗装屋根塗装工事 モニエル瓦のずれ止め 

土曜日に屋根と外壁の高圧洗浄を行った神戸市垂水区の現場では屋根瓦(モニエル瓦)のずれ止め用のシール打ちなどを行います。

大屋根高圧洗浄前 大屋根高圧洗浄後
瓦の隙間のシーリング 瓦のずれ止め用シール

オレンジ色だった屋根は高圧洗浄でセメントのグレーになりました。ちなみにせき止めていた側溝に溜まった色粉は土のう袋3袋になりました。

ずれて隙間から雨水が入りそうなところはコーキングし、きちんと重なりのあるところはずれないようにずれ止めのシールを打ちました。

樋のケレン 破風のケレン
   

軒樋や破風のケレンをしてからは破風のジョイントの隙間詰めなども行いました。

 

神戸市垂水区 A様邸ガイナ塗装工事 サイディングの浮きの補修

協力業者のシーリング職人がサイディング目地のシールの打ち替えをしてくれているときに、同時進行で外壁診断士の資格を持つ当店職人がサイディングの浮きのビス止めとサネ(重なり部分)の補修を行いました。

SD重なり部分の割れ SD浮きの補修
SDビス止め SDサネ部分の隙間詰め
   

神戸市垂水区のA様邸は外壁通気工法で貼られたサイディングの上にアクリルスタッコという少しゴツゴツした感じの吹き付けがしてありました。

サネ部が開いてひび割れている箇所があったので調べると、サイディングを固定するための釘が効いていなかったです。

中にある木地にサイディングビスを挿しサイディングを固定してから隙間をコーキングなどで隙間詰めしておきました。

こうすることで塗り替え後に割れにくくなり、またこの部分からの浸水を抑えることが出来ます。

 

ページ上部へ