下地処理

木製破風板を交換するので樋を撤去します 神戸市IS様邸塗装工事

今回の神戸市垂水区の現場は築30年以上の物件で木製の破風板でした。複数回塗り替えた木製破風の塗膜は脆弱になっているので塗り替え後数年で剥がしきれなかった塗膜ごと剥がれてきやすいです。

今回は塗り替えではなく破風と鼻隠しに板金カバーを取り付ける工事を行います。鼻隠しに板金を貼るには軒樋が邪魔になるので樋を撤去していきます。

板金屋が樋を撤去する邪魔にならないよう鉄部の錆止めとコーキングで補修したUカットの後を樹脂モルタルで補修しました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

足場を組んだ後にモルタル外壁の下地補修を行いました 神戸市垂水区IS様邸塗装工事

神戸市垂水区の現場では、朝から足場組みを行い、午後からはモルタル外壁のクラックの下地補修を行いました。

 

個人住宅ではここまでの下地補修はあまりしないのですが、ここまで補修しておけば塗り替え後にこの部分でクラックが出来ることはまずないので安心できます。

明日は外壁と屋根の高圧洗浄です。今日のUカットで出たホコリも綺麗に洗い流します。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

雨が上がったのでシーリングの打ち替えを行います 神戸市垂水区TN様邸塗装工事

梅雨末期で激しい雨が降ることもあったので数日作業が出来ませんでしたが、ようやく晴れたのでシーリングの打ち替えを行いました。

今回は目地のシールもサッシ廻りのシールも撤去してからオートンサイディングシーラントで打ち替えます。

 

 

3人の職人が来てくれたので一日で下地補修を終えることが出来ました。

別の現場に行っていた当店の職人も最後に合流して外していた木の幕板とその幕板が固定してあった鉄部のケレンを行いました。

週間天気予報でも晴れの予報が増えてきたので来週には梅雨明けしそうです。

熱中症に気を付けながら天気の良い中、どんどん工事を進めていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

高圧洗浄の前に外壁クラックの補修を行いました 神戸市垂水区YN様邸 

外壁の高圧洗浄の後で下地補修をすることが多いのですが、埃が出るモルタルのUカットとその部分から洗浄の水が入らない様にシーリングまでの下地補修を先に行いました。

クラック補修には速乾で痩せにくいノンブリード変成シリコンシーリングでシールしました。

 
   

吹付けの下に掻き落としモルタルがあったのですが部分的に劣化し剥がれました。この部分の補修は明日行うつもりです。

下地補修をしている間、他の職人が付帯部のケレンを行い、午前に打ったシーリングが乾燥した14時過ぎから外壁の高圧洗浄を行いました。

 

 

   

先行作業で洗えていなかったガレージの塀と土間も綺麗に洗って今日の作業は終わりました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

外壁下地補修・シーリング打ち替え 神戸市西区KN様邸塗装工事

何度か塗り替えている住宅だったので下地補修の仕様が一律でなかったので今回は自社職人でシーリングの打ち替えも行います。

サイディング目地と打ち代の無いサッシ廻りのシーリングは撤去し、オートンサイディングシーラントで打ち替えます。

   
   
   

シーリングの打ち替えは終わりました。

ブリードしているシーリング部分などの処理は明日行います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

外壁目地とサッシ廻りのシーリングを打ち替えます 神戸市垂水区NI様邸下地補修

今回塗り替えている神戸市垂水区の現場は現在現在主流のサイディング外壁です。このタイプでは目地とサッシ廻りにシーリングが打たれています。

劣化すると漏水の原因になるので塗り替え工事の時にはシーリング工事も行います。

目地も打ち代の無いサッシ廻りも、既存シールを撤去してからオートンサイディングシーラントを使用し、シーリングしました。

 

経験の長い職人が3人来てくれたので、一日で打ち替えを終えることが出来ました。

明日の土曜と日曜はこの現場は休み、打ち替えたシールを完全に乾燥させます。

 

ガレージ土間の縞鋼板のケレン 神戸市西区KN様邸塗装工事

過去に何回も塗り替えてある縞鋼板の鉄板のケレンを行っています。

 
   
   
   

脆弱な塗膜が剥がれていた鉄板は、浮いている塗膜を剥がしておかないと塗り替え後に再度剥がれて来ます。

ケレンハンマーや皮すきなどで叩き塗膜を剥がすのですが、正直いくらでも剥がれて来ます。

見積もりの時にも既存塗膜の全面除去をしない限り塗り替え後の塗装の剥がれは起きる事、全面除去をするには塗装代の何倍もの費用が掛かることを説明し、ある程度のケレンで

塗り替える事も了承してもらっているのですが、作業している職人はなかなか割り切れません。

今日で二日ケレンしましたがまだ塗膜は剥がれるので、明日の高圧洗浄の時に高圧洗浄機で塗膜を飛ばします。(高圧洗浄でケレンをするとケレンかすが飛散し、カスだらけになるのでやりたくないのですが)

鉄骨アングルを錆止めして今日は終わります。

足場組み前の準備 神戸市西区KN様邸塗装工事

明日足場を組む神戸市西区の現場に来て、足場組みの邪魔になるガレージ屋根の波板を撤去し、鉄骨のケレンを行いました。

10尺近い波板が20枚ほどあったので撤去も廃棄するためのカットもなかなかの手間がかかりました。

 

梅雨の合間の晴れなので日曜ですが作業します 神戸市垂水区KM様邸塗装工事

昨日下塗りを塗った北面と東面の外壁に上塗りを2回塗りして仕上げていきます。

一番下の部分はかなり狭いので挟まって出れなくならないように注意して塗りました。

 

ウレタン塗膜防水をかけるベランダ土間はカチオンフィラーをローら―で塗り下地調整し、屋根のカラーベストの縁切りと上塗りの刷毛まで塗り作業を終えました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

鉄部の錆止めと外壁の樹脂モルタル補修 神戸市垂水区KM様邸塗装工事

外壁補修はコーキングでクラック処理をした後に樹脂モルタルを塗り出来るだけ平滑になるようにしました。

まだ下塗りで出来ていない鉄部には弱溶剤エポキシ錆止めを塗り、これで付帯部の下塗りは終わりました。

 

雨の降らない間に屋根に下塗りを塗り、雨水がスレートに浸み込まないようにしたのですが、強化シーラーでも吸い込みが激しくもう1回シーラーを塗っておきたい状態です。

棟包み金物の押さえ釘の釘頭をコーキングで抜け止め処理しも行いました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ