下地処理

神戸市垂水区 GHM改修塗装工事 南面付帯部上塗り1回目と階段室下地処理

今日は来週から外壁塗装に入っていく南面の付帯部分に上塗りの1回目を塗ります。そして再度シーリング職人が来てくれたので階段室の目地などのシーリングを打ち替えていきます。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 GHM改修塗装工事 南面付帯部ケレン下塗りと階段室鉄部ケレンの続き

神戸市垂水区のマンションの塗り替えでは南のベランダ面付帯部のケレンと下塗りそして昨日の続きの階段鉄部のケレンを行います。

階段室の手摺はかなり上塗りが剥げていたのでかなり入念にケレンを行いました。

正直、下請けでは費用の面でここまでのケレンは出来ません。直接施工の門下塗装では後々剥がれなどが起きると信用にかかわるので利益を無視して下地処理を行いました。

神戸市垂水区 GHM改修塗装工事 下地補修と階段室鉄部ケレン

神戸市垂水区の集合住宅では外壁などの不良部の補修と階段室の鉄製手摺のケレンを行います。

モルタル庇の天端や基礎の腰壁の下部などに塗膜の剥離があったので、削り落とし、樹脂モルタルで補修します。

     

 

軒の通気口と階段室の鉄製手摺のケレンをし、この日の作業は終了です。

 

神戸市垂水区 GHM改修塗装工事 南東西面下地補修シーリング打ち替え

今回塗り替えている神戸市垂水区のマンションの外壁はコンクリートパネルでした。

このタイプの外壁の場合、目地のシーリングが切れると雨水が侵入するのでシールの打ち替えは必須となります。撤去しなくても充分な打ち代は確保できたので撤去せずに増し打ちで打ち替えを行いました。

 

予定より多くの職人が来てくれたので予定より早く外壁3面のシールの打ち替えが終わりました。

 

神戸市垂水区 F様邸 外壁塗装工事 下地補修

今回は神戸市垂水区で和風建築の塗り替えを行います。

屋根には和瓦が葺いてあり、壁は漆喰とトタンが、軒や窓枠や戸袋は木が使われています。

アルミサッシに取り替えた部分もあり、増築部分はモルタル壁の箇所もあるので、様々な工法・塗料での塗り替えになります。

先ずは過去に増築した平屋部分のモルタル壁の下地処理を行います。

 

大きなクラックをサンダーでUカットし、シーリングで補修します。

足場組み後に硬化したシーリングをカチオンフィラーでしごいてシールの段差を修正しました。

この後は既存吹付け材のボンタイルで肌合わせをし、塗り替えていきます。

神戸市垂水区 U様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 下地補修

高圧洗浄の終わった神戸市垂水区U様邸では協力業者のシーリング職人に来てもらい、下地補修を行います。

 

一気に職人を多く入れてもらったので1日で打ち替えが完了しました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市北区 HM様邸 外壁塗装屋根塗装工事 下地補修(シール打ち替え)

高圧洗浄の終わった神戸市北区のHM様邸では下地補修(シーリング打ち替え)を行います。

 

協力業者のヤマモトコーポレーションのシーリング職人に来てもらい2日間かけてサイディング目地とサッシ廻りのシールの打ち替えを終えました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 YT様邸 外壁塗装屋根塗装工事 下地補修と付帯部上塗り1回目と屋根の下塗り

神戸市垂水区YT様邸ではシーリング職人に打ち替えてもらった目地以外でサイディングの重なり部分に自社職人が下地処理を行いました。

他には付帯部の上塗り1回目と屋根の下塗りなども行いました。

明日からは外壁塗装に入っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替えを行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ