下地処理

神戸市西区 N様邸 外壁塗装屋根塗装工事 鉄部の錆止め

ここ数日神戸市の天気があまり良くありません。垂水区の現場もこの西区の現場も問題のない作業を少しづつ進めています。

今日の神戸市西区のN様邸の塗り替え工事の作業工程は鉄部の錆止めになります。鉄部は水を吸わないので表面が乾燥さえすれば塗装出来ます。

   

鉄部の錆止めのほかには軒天と破風や鼻隠しの間に出来た隙間をコーキングで隙間詰めを行いました。破風板については傷みが激しく塗り替えが出来ない状態だったので板金を加工しカバー工法で上から貼り付けます。貼り付けた後にはこの部分は見えないかもしれないのですが念のためにすべての隙間を詰めていきます。これでも板金と軒の間にこの部分が見えてもきれいに仕上がった状態になります。

この現場は下地処理に日数がかかっていますが、とても大切な工程ですので一切の手抜きはなしで作業を進めます。

 

神戸市西区 N様邸 外壁塗装屋根塗装工事 カラーベストの縁切り

過去に塗り替えた2回とも縁切りがされていなかったので、カラーベストの隙間が完全に詰まっていました。

とりあえず隙間を縁切りして行きます。

 

今回はカラーベストはフッソ塗料で塗り替えるので、充分に縁切りをして後々不具合が起きないようにします。

屋根用下塗り材も特に強力な塗料を使用しますが、次回は塗り替えは無理かもしれません。出来るだけ永く持つように丁寧に塗り替えます。

今日は職人が一人で作業したのですが、この作業だけで1日が終わってしまいました。

神戸市西区 N様邸 外壁塗装屋根塗装工事 外壁下地補修と戸袋の修理

神戸市西区のN様邸の外壁塗装・屋根塗装工事ではまだまだ塗装工程に入れません。今日はサイディングの隙間などのシーリングと壊れていた戸袋の修理です。

修理は自社では出来ないので大工さんに来てもらい行います。

 
   

戸袋内の底板が腐って落ちていたため、雨戸をしまうと出てこなくなっていました。

今回の修理ではまずカバー工法で貼ってあった金属サイディングを外し、内部の抜けていた底板を取り外し、新しい木材を加工して取り付け、金属サイディングを復旧しました。

手元に付きながら塗装職人はサイディングの隙間のシーリングを打ちました。

こちらも雨に降られましたが、大工工事は雨が降る前に終わっていたので良かったです。

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 付帯部上塗り1回目と外壁補修跡パターン塗り

門下塗装では外壁塗装の前に付帯部分の上塗の1回目を塗ります。今日はまだ塗れていなかった破風と鼻隠しに下塗りを塗り、水切り金物などの上塗りの1回目と補修跡が目立たないようにするための補修パターンを付けました。

予定より早く2時くらいから雨に降られたため、塗りたかったところまで塗り切れませんでしたが、作業を終えて早くに帰りました。

神戸市西区 N様邸 外壁塗装屋根塗装工事 外壁下地補修

この神戸市西区のN様邸は元々はモルタル壁の上に金属サイディングをカバー工法で貼ってありました。いろいろなところがシーリングで仕舞してあり、またシリコンシーラントも多く使われていたため、傷んでいるシールを撤去し、シリコン用のシールプライマーを塗布していきます。

   

再々塗り替えの場合は以前の工事業者がやった塗装やシールの上を塗り替えることになります。

後々不具合が起きやすいの施工には十分な知識と技術が必要です。

 

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 樹脂モルタル補修と鉄部下塗り

昨日、外壁と屋根の高圧洗浄を終えた神戸市垂水区のK様邸ではUカットしシーリング補修した補修跡を樹脂モルタルで補修と、鉄部(ガルバニウム鋼板)の下塗りを行います。

   

 

個人住宅とはいえ塗り替え後にもクラックが入りにくくするためには、大規模改修工事や公共工事並みの補修が必要です。

 

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 下地補修と鉄部の錆止め

神戸市垂水区のK様邸の工事内容は昨日Uカットした外壁クラックのシール処理とサッシ廻りのシーリング、そして鉄部の錆止めです。

外壁のクラックとサッシ廻りの隙間のシーリングが終わったので、明日の日曜はシールを乾燥させ、明後日に外壁と屋根の高圧洗浄を行います。

錆の出てきていた鉄骨は通常1回塗りの錆止めを2回塗りし、塗り替え後早期に錆が出ることを防ぎます。

神戸市・明石市の外壁塗装や屋根の塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 各所ケレンと外壁下地補修

昨日鉄骨を解体した神戸市垂水区のK様邸では外壁屋根の高圧洗浄前に外壁の下地補修と各所のケレンを行います。

 

昨日チェックしてあった外壁のクラックをサンダーでUカットしました。Uカットの処理は明日になります。

ケレンと目荒らし後に、屋根の棟包みに下塗りを塗ったところで今日の作業は終了です。

 

神戸市垂水区 K様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 鉄骨バルコニー解体

神戸市垂水区のK様邸では鉄骨製のキャットウォークの解体を鉄工所に来てもらい行います。

北面の3階部分端から端まであった鉄骨製のキャットウォークの約半分を撤去します。

踏板の亜鉛メッキのグレーチングを撤去し、手摺を取り外し、H鋼を取り外しました。

最後に新たに端部となった箇所に加工した手摺を取り付け鉄工所による鉄工事は終了です。

H鋼をボルト留めしてあった箇所は2次防水がない為、将来雨漏りの原因となりやすいので2重3重に防水処理をしてから埋め戻します。

 

ページ上部へ