下地処理

神戸市垂水区 YT様邸 外壁塗装屋根塗装工事 下地補修と各所下塗り

神戸市垂水区YT様邸ではシーリング工事と並行して破風板の交換と鉄部の下塗りなどを行います。

大工さんにお願いして、雨に当たって劣化したケーカル板の破風板を撤去し、フレキシブルボードで修繕してもらいました。

 

明日が雨の予報なのもあり、大工とシーリング屋そして当店の塗装職人と3種の職種が入って譲り合いながら作業しています。

塗装工程はシリコンシーラント使用部にシリコン用プライマーを、鉄部にエポキシプライマーを塗りました。

おそらく雨の降る明日は休みにして明後日から作業再開します。

神戸市垂水区 YM様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 シーリング打ち替え

高圧洗浄の終わった神戸市垂水区のYM様邸ではサイディング目地とサッシ廻りのシールの打ち替えを行います。

今回はサッシ廻りは充分なシールの打ち代があったので撤去せずに増し打ちで打ち替えました。

塗り替え後にシールの伸縮に塗料が追従し切れず塗膜が割れて塗装の下にシーリングの色が見えることがあります。門下塗装では割れが発生することを想定に入れ外壁の上塗りと同色のシールで打ち替え割れた後に目立たないようにしています。

神戸市垂水区 MT様邸 外壁塗装屋根塗装工事 各所のケレンと高圧洗浄

足場組みの終わった垂水区の現場では、高圧洗浄前に、既存塗膜が剥がれている破風板の塗膜除去と鉄部のケレンを行います。

ケレン後に屋根と外壁の高圧洗浄を行いました。

午後から高圧洗浄を始めたのですが、屋根の洗浄に手間がかかり17時で作業を終えることが出来ませんでした。

門下塗装ではほとんど残業はしないのですが、1時間ほど残業して高圧洗浄を完全に終わらせてから帰りました。

明日はこの神戸市垂水区の現場は休ませてもらいます。天気が好ければ土曜日に付帯部各所の下塗りを行います。

神戸市東灘区 IM様邸 外壁ガイナ塗装 薬剤洗浄

外壁下地処理(シーリング)の終わった神戸市東灘区のIM様邸では金属部分と木部の薬剤洗浄を行い、明後日の高圧洗浄の時に薬剤を洗い落とします。

 

特に段差の大きかった外壁の不良部のみ先にモルタルで段差修正し、Uカットの後のモルタル補修は火曜日に行います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による完全直接施工で丁寧で長持ちする塗り替えを行う門下塗装にお任せください。

神戸市東灘区 IM様邸 外壁ガイナ塗装 外壁下地補修

神戸市東灘区の現場では昨日の続きで外壁の下地処理を行ってきます。

 

クラックのシール処理を終えたら、昨日打てなかった目地のシーリングを打ち、そのほかの不良部分のシール処理も行いました。

この後のクラックの補修は樹脂モルタル補修ですが、それは高圧洗浄を終えてから行います。

神戸市東灘区 IM様邸 外壁ガイナ塗装 外壁下地補修

足場組みの終わった神戸市東灘区のIM様邸では外壁高圧洗浄の前に下地補修を行います。

モルタル外壁の表面にかなり深いクラックが入っており、シーリングの刷り込みでは数年でクラックが出てきそうだったので、クラックをUカットし、シーリング処理をしていきます。

モルタル目地の既存シールが切れている箇所もあったので、全ての目地のシーリングを撤去し、打ち直します。

芦屋市 N様邸 外壁塗装・防水工事 各所の下塗りと外壁下地補修

西面以外の下地補修(シーリング打ち替え)は終わっている芦屋市のN様邸に付帯部の下塗りと外壁塗装用の養生そしてシーリング打ち替え以外の外壁補修を行います。

   

 

クラック部分はUカットしないと同じ箇所が再度割れてくるのですが、雨の当たらない箇所という事と、既存柄での塗り替えを希望されたのでコーキングを刷り込みその上をカチオンフィラーでしごいて下地処理しました。

新築後すぐに外壁にクラックが入って工務店に補修させたと聞いていましたが、エアコン配管カバーを外さずに樹脂モルタルをしごいていました。段差があったのでカチオンフィラーで下地補修します。

芦屋市 N様邸 外壁塗装・防水工事 西面外壁下地補修

外壁3面のサッシ廻りとALC目地の下地処理は将来劣化した時の為にシール増し打ちで施工したので早かったのですが、雨漏りを起こしていたので撤去後の打ち直しを行う西面の下地処理は手間がかかっています。

 

 

コーキングカッターを使用して撤去したALC目地とサッシ廻りのシーリング以外にも配管の貫通孔廻りや配管のバンド廻りなども下地処理しました。

シーリング材が不足してしまったので、明日も少しシーリング打ち替え作業をします。

 

ページ上部へ