下地処理

神戸市垂水区 T様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 屋根の上塗りと破風板の修理交換

今日は大工さんに来てもらい一部傷んでいた破風板を交換してもらいます。

水気に強くないケーカル板が使われていた箇所は、脆弱になった破風板を撤去し、水にも強いフレキシブルボードで貼り直しました。

 

当店の職人は屋根の上塗りや矢切の塗り替え、貼ってもらったフレキシブルボードに下塗りを塗ったり、屋根瓦の貫通孔にシーリングを打ち、破風板交換の際剥がれたモルタルを補修したりしました。

明日から2階の外壁の塗り替えに入ります。

 

 

神戸市垂水区 T様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 下地補修シーリング工事

外壁と屋根の高圧洗浄の終わった神戸市垂水区のT様邸ではシーリング職人に来てもらいシーリングの打ち替えを行います。

傷んでいるサイディング目地の既存シーリングは撤去し、打ち代を確保してから打ち替えます。

サッシ廻りや入隅部分は三角打ちすると打ち代を確保できるので撤去せずに打ち替えていきます。

 
   

 

数量が多かったので二日かけてシーリングの打ち替えを行いました。

 

神戸市垂水区 I様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 漏水補修処理と付帯部の下塗り

先日につづき神戸市垂水区のI様邸では漏水原因の処理を行います。

まずは冠瓦の重なり部分の隙間が大きかったのでシール処理し、隙間を塞ぎさらに瓦がずれないようにしました。

サッシの際のモルタルにも隙間が出来ていたためシーリングし、吹き降りでも雨水が浸みこまないようにしました。

さらに下屋の水切り金物の釘の打ち直しや水切りの隙間も処理し雨漏りをは防ぎます。

塗装工事も進めていきます。軒樋を外した鼻隠しをケレンし下塗りを、鉄部には錆止めを塗りこの日の作業は終わりました。

神戸市垂水区 I様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 漏水補修

外壁と屋根の高圧洗浄の終わった神戸市垂水区のI様邸では、過去に漏水した原因の補修をしていきます。

雨漏りを再現できなかったのですが、原因の可能性の高い箇所を徹底的に補修します。

   

 

まずは掃き出し窓のサッシからの雨漏りの原因と考えられる後付けのテラスのビスを全て抜きシーリングで隙間を詰めてから戻していきました。

もう一カ所の和室の天井辺りからの雨漏りは下屋の冠瓦の辺りと水切り金物辺りが怪しいのでそこを補修します。

下屋の冠瓦全てを外し、モルタルを塗り直し、復旧しました。

神戸市垂水区 M様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 目地のシーリングと屋根の下塗り

昨日プライマーを塗った目地部分にノンブリード変性シリコンシーリングでクラックを抑え込みます。

シーリングが終わった後は、想定以上に傷んでいた屋根瓦に(通常なら下塗りのいらないオリエンタル塗料工業の屋根用塗料で上塗りするのですが)吸い込み止めプライマーを塗り、綺麗に仕上がるようにします。

神戸市明石市の外壁塗装・屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 M様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 下地の補修と鉄部の錆止め塗装

外壁と屋根の高圧洗浄の終わった神戸市垂水区のM様邸では外壁のクラックの補修などの下地補修と鉄部の下塗りを行います。

 

 

過去に補修してあったのですが、シリコンシーリングが使ってあったり。安価な変性シリコンシーリングが使ってあったりで、塗り替え前に何らかの下地処理が必要でした。

中で大きく割れている目地のシーリングは撤去し、シリコンシーリングにでも密着し、ブリードが起きている箇所にはノンブリードプライマーとしての効果もあるシープラというシールプライマーを塗布しました。乾燥に少し時間のかかるプライマーなのでシール打ちは明日に行います。

ケレンしてあった鉄部には2液の弱溶剤エポキシ錆止めを塗りました。

 

神戸市西区 T様邸 外壁塗装屋根塗装工事 外壁シーリング補修

外壁と屋根の高圧洗浄の終わった神戸市西区のT様邸に、協力業者のシーリング職人が来て外壁のシーリングの補修を行います。

この物件は某ハウスメーカーの建物ですが、門下の今までの経験上このハウスメーカーで使用しているシーリング材はかなり耐久性が良いです。しかし2次防水の無い建物なので少し劣化の始まっている箇所と特に雨漏りに繋がりやすい胴差廻りのシーリングを中心に補修しました。

 

明日はちょうど雨のようです。ちょうどというのは今回使用したシーリング材は水分効果反応型という1液のタイプで、雨が降り湿気が多いと硬化が早くなります。

シーリングが完全に硬化していると思われる明後日には塗装工事を始めます。

神戸市西区 N様邸 外壁塗装屋根塗装工事 鉄部の錆止め

ここ数日神戸市の天気があまり良くありません。垂水区の現場もこの西区の現場も問題のない作業を少しづつ進めています。

今日の神戸市西区のN様邸の塗り替え工事の作業工程は鉄部の錆止めになります。鉄部は水を吸わないので表面が乾燥さえすれば塗装出来ます。

   

鉄部の錆止めのほかには軒天と破風や鼻隠しの間に出来た隙間をコーキングで隙間詰めを行いました。破風板については傷みが激しく塗り替えが出来ない状態だったので板金を加工しカバー工法で上から貼り付けます。貼り付けた後にはこの部分は見えないかもしれないのですが念のためにすべての隙間を詰めていきます。これでも板金と軒の間にこの部分が見えてもきれいに仕上がった状態になります。

この現場は下地処理に日数がかかっていますが、とても大切な工程ですので一切の手抜きはなしで作業を進めます。

 

神戸市西区 N様邸 外壁塗装屋根塗装工事 カラーベストの縁切り

過去に塗り替えた2回とも縁切りがされていなかったので、カラーベストの隙間が完全に詰まっていました。

とりあえず隙間を縁切りして行きます。

 

今回はカラーベストはフッソ塗料で塗り替えるので、充分に縁切りをして後々不具合が起きないようにします。

屋根用下塗り材も特に強力な塗料を使用しますが、次回は塗り替えは無理かもしれません。出来るだけ永く持つように丁寧に塗り替えます。

今日は職人が一人で作業したのですが、この作業だけで1日が終わってしまいました。

ページ上部へ