築年数の経った家の塗り替えでは下地補修が多くかかります 

今回塗り替えている神戸市垂水区の住宅は築年数が経った木造モルタル壁の住宅で破風鼻隠しはフレキシブルボードで増し貼りし、軒にはケーカル板を増し貼りしました。

どちらもジョイントやビス頭などの下地処理が必要なので外部用のパテやノンブリードコーキングで下地処理をします。

屋根の金物の釘頭も抜け止めと釘からの雨水の侵入を防ぐためにコーキングでシールしました。

新設したフレキシブルボードには下塗りが必要なので弱溶剤エポキシシーラーで下塗したのが今日唯一の塗装仕事でした。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

ページ上部へ