鉄部の錆止めと屋根の縁切り 神戸市垂水区MT様邸塗装工事

大工さんに破風板の増し貼りをしてもらった神戸市の現場では当店職人が屋根の縁切りと下地補修を行いました。

前回の塗り替えでは縁切りされていなかった屋根のカラーベストはまずカッターで縁切りします。この後屋根用のシーラーを塗るのですがシーラー塗布後にも再度縁切りを行い今度はタスペーサーを挿入します。

表面には吹き付けがしてあるのですが、元々はモルタル掻き落としの壁でした。木枠とモルタルの取り合い部分はシーリングなど入っていないので、コーキングで際からの雨水の侵入を防ぎます。隙間から雨水が入り込むと素地のモルタルに不具合が起きるため、これはとても大切な下地処理となります。

最後に鉄部に下塗りのエポキシ錆止めを塗り塗装職人らしい仕事をしてから帰りました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ