外壁を仕上げて今度は塀の塗装に入ります 神戸市垂水区TN様邸塗装工事

昨日下塗りを終わらせた南東面の外壁に上塗りを2回塗りしながら、今度は外構の塀の塗装に入っていきます。

外構はブロック塀をモルタルでしごいた上をリシンで吹き付けてありましたが、ブロックのジョイントやモルタルに多くのクラックが入っていました。

塀は塗装すればするほど塗膜が厚くなり透湿性も落ち塗装の剥がれが落ちやすくなります。

塗り替え後に出来るだけ不具合が起きないよう雨水の浸透を防ぐため笠木を防水し、塀は出来るだけ透湿性が落ちないよう下塗りも上塗りも厚塗りの仕様ではなく弱溶剤シーラーを下塗り後にナノコンポジットWで上塗りします。

 

 

外壁の淡色部分はナノコンポジットW防藻+を上塗りに使用したので苔などが生えにくくなります。

外壁も屋根も仕上がったので次は付帯部分と下塗りまで終えた外構塀を仕上げていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ