2022年01月06日

瓦葺きの屋根の棟漆喰の塗り替え 神戸市垂水区戸建住宅

最近の家はカラーベストなど軽量の屋根材を葺いている場合が多いのですが、陶器瓦葺きの屋根の場合は屋根瓦の塗り替えの必要はないものの漆喰の塗り替えが必要になります。

漆喰は塗り替え重ねると水を切るための段差がなくなってしまうので、既存漆喰を撤去し新しい漆喰を塗っていきます。

 

今回の漆喰塗り替えも土建組合垂水支部で仲良くしている屋根屋さんに来てもらいました。

数か所の剥がれた箇所のみの塗り替えなら門下が塗ることもあるのですが、やはり餅は餅屋です。すばやく綺麗に仕上げてくれました。

明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

大がかりな下地処理が必要です 神戸市垂水区NB様邸塗装工事

今回塗り替えている神戸市垂水区現場の外壁は素地のモルタルから剥がれている箇所がありました。

これは新築時にシーラー(下塗り)を塗らずに吹き付けをした結果かもしれません。(私が若い時に雇われていた塗装店でも下塗りを塗らずに吹き付けるという事はたまにありましたが、かなりの年数が経たないとこういった不具合は起きてこないので現行犯でなければ見つかることはありませんでした)

 

見積もり段階ではどのくらいの面積の塗膜が剥がれるのかわからないので概算で外壁面積の約40%で見積もりをしましたが、どうやらもっと多く剥がれそうです。

 

スクレーパーを差し込むとパラパラと塗膜が剥がれてきました。

 

パッと見て浮いていない様に見える部分もこんな感じで剥がれてきます。

特に浮いている部分のみ補修して、他の密着性の落ちている部分は知らんふりしてそのまま塗り替える塗装業者もいるのですが、そうすると塗り替え後何年かして旧塗膜から剥がれが起きてきます。

保証書を貰っていても、旧塗膜に起因する塗装の剥がれは補償対象外などと但し書きに書いてあるのでこれは補償外ですのでと言われてしまいます。

門下塗装ではそういった言い訳はしたくないので初めからしっかりと説明し、不具合が起きないようこう言って下地処理を行いますと伝えます。

また今回のように見積もり金額が後から変更にある場合も契約時にしっかりとお伝えしてあります。

 

ページ上部へ