2021年09月18日

外壁塗装の前に付帯部の上塗り1回目まで塗っていきます 明石市IK様邸塗装工事

雨で休む前にメッシュシートを絞っておいたので、シートを張り直し、その後門下塗装でのいつもの工程通り、まず鉄部とサイディング製の付帯部の下塗りを塗り、その後上塗りの1回目を塗っていきます。

 
   

シャッターBOXや水切りなどの鉄部には強溶剤エポキシプライマーを、鼻隠しなどの弱溶剤エポキシシーラーを下塗りします。

 

下塗りが乾いてから樋と鼻隠しと鉄部に上塗り1回目を塗りました。

付帯部塗装と同時に外壁の下地補修済ませたので明日から外壁塗装に入っていきます。

 

 

破風板と鼻隠しに板金のカバーを取り付けます 神戸市垂水区SM様邸塗装工事

今回の神戸市垂水区の塗り替え工事では外壁に意匠性と耐久性に優れた多彩柄吹付け材ダイヤカレイドを、屋根はガルバニウム鋼板屋根の葺き替えを選んでいただきました。

費用はさらに掛かってしまいますが、樋も交換してとケーカル板製の破風板と鼻隠しに板金のカバーを取り付ければ次回の塗り替え時期をかなり先に延ばすことが出来ますよと提案して採用していただきました。

屋根の葺き替えが終わったので今日は破風鼻隠しの板金カバーの取り付け作業を行います。

  

少量の左官工事やシーリング工事・補修工事は専門職に頼まなくても門下自身や当店職人でも完ぺきではないにしてもなんとか行うことが出来ますが。板金工事は専門業者に依頼しないとだめですね。

今回の工事も取り付ける作業は職人が一人来て一日かからずに終わらせたのですが、現場で採寸し工場でピッタリに加工して持ってきたものを取り付けるので工場での作業時間は今日の作業より長くかかっています。

外壁の塗り替え工事を任せていただいた場合、他にも気になることがあれば何でもおっしゃってください。兵庫県建設業組合垂水支部の腕の良い職人仲間がいますので大概の事は行うことが出来ます。

 

ページ上部へ