2021年02月20日

サイディング目地とサッシ廻りなどのシーリング打ち替え 明石市YM様邸外壁塗装工事

協力業者のシーリング職人に来てもらい下地補修を行います。

シール打ち替えも足場組みも自社で行う塗装店もあるのですが、門下塗装では餅は餅屋と考え専門業者に基本的には外注します。

基本的にはというのは門下塗装の職人もシール打ち替えは出来るので数量がかなり少なく外注したらかなり高くなってしまう場合などは自社で打ち替えることもあるのです。

サイディング表面がごつごつしているタイプだったのでマスキングに手間取り1日目は撤去とマスキングそしてプライマー塗りでほぼ終わってしまいました。

昨日の続きでオートンサイディングシーラントを打設し、ゴムを貼り付けた職人自作のへらで押さえて仕上げました。

明日は日曜なので休みます。気温も上がっていますので中1日あれば完全に硬化するはずです。

次はいよいよ塗装工程です。付帯部の樋や鉄部に下塗りと上塗り1回目を塗っていきます。

北面と東面の外壁上塗り2回目と2階ベランダ土間の防水 神戸市垂水区NK様邸塗装工事

まだ仕上がっていない北面と東面の外壁に2回目の上塗りでナノコンポジットW防藻+を塗り、全ての外壁を仕上げ、付帯部の上塗り2回目に入ります。

 

面積が大きく万が一漏水すると大変なことになるルーフバルコニーは専門職の防水屋に施工してもらっているのですがリスクの低いベランダ土間の防水は自社職人で行っています。

今回はオート化学のFRP用のウレタン塗膜防水・ウレアックスHGを使用しています。

清掃後にプライマーを塗りワンコートのウレタン樹脂防水を流して終了です。

   

順調に工事が進み、後は自主検査と手直しそして清掃です。

 

ページ上部へ