2020年10月21日

うろこ型のカラーベストはタスペーサーを挿入できないので 

外壁の下地補修にシーリング職人が来ていますので、外壁塗装の前に屋根の塗装を進めます。

今回の屋根はうろこ型のカラーベストだったので縁切り部材タスペーサーは挿入できません。

ですので接着材の役割のシーラーを下塗りしないオリエンタル工業のニューマイルド優雅で塗り替えます。

この塗料は上塗りを吸い込ませて着色するのでよく使用する屋根用塗料よりもカラーベスト同士がくっつきません。

   
   

屋根の金物に下塗りを塗り、カラーベストと一緒に上塗りします。

吸い込みが激しそうで、正規の塗装回数の2回で治まらないかもしれません。その場合は上塗りを3回塗りして仕上げます。

 

ベランダ土間のFRPの防水層は傷んでなかったのでトップコートのみ塗り替えます 神戸市垂水区KD様邸

神戸市垂水区のKD様邸外壁屋根塗装工事では残りのメイン工事のベランダ土間のFRP防水のトップコートの塗り替えを行います。

アセトンを使って表面の油脂などの汚れを落とし、FRP用プライマーを塗って、トップコートを上塗りします。

 

浮かせてあるエアコンの室外機は今日は戻さず、土間のトップコートが完全に乾燥してから戻します。

 

色分けの取り合いも直線が出ていて、綺麗に仕上がっています。

週明けには予定通り足場を解体します。

 

ページ上部へ