2015年12月

神戸市垂水区 W様邸 外壁塗装工事 各所ケレン

工務店様からの依頼で神戸市垂水区のW様邸の外壁塗装工事を行います。

和風の住宅で軒や窓枠・雨戸が木製で旧塗膜に剥がれがあったので念入りにケレンを行います。

皮すきやスクレーパー・電動サンダーなどいろいろな道具を使用してケレンしていきます。

2015127174431.JPG2015127174444.JPG  
2015127174456.JPG2015127174510.JPG  
   

ケレンで旧塗膜の塗料カスが出るので高圧洗浄はケレン後に行います。

神戸市垂水区 T様邸 外壁ガイナ塗装

外壁のガイナ塗装は今日で終了です。

2015127172422.JPG2015127172433.JPG  
2015127172444.JPG2015127172455.JPG  
201512717257.JPG2015127172517.JPG  

外壁にガイナ上塗り2回目と3回目を塗り、ワンポイントにベランダの手摺壁を発色の好い弱溶剤シリコン塗料で上塗りしました。

余った時間は付帯部分の上塗り2回目を塗り、順番に仕上げていきます。

神戸市垂水区 T様邸 外壁塗装後半

外壁2面が仕上がり、次は残りの2面です。ある程度前日に養生を終えていたので軒を2回塗りし、外壁も下塗りと上塗り1回目までいけそうです。

2015127171742.JPG2015127171757.JPG  
201512717188.JPG2015127171822.JPG  
   

順調に工事が進んでいます。

神戸市垂水区 N様邸 ガレージシャッター塗装

サイディング用クリヤー塗装後にシーリング打ち替えを行った神戸市垂水区の現場は窓拭きなどの清掃を終わらせ、今日はガレージシャッターの塗装です。

201512318941.JPG201512318955.JPG  
2015123181010.JPG2015123181023.JPG  
   

門下塗装ではシャッターの1回目の塗り替えの場合は強溶剤の塗料を使用しています。よく使われる弱溶剤の塗料だと塗膜が柔らかい為、擦れた箇所が剥がれ易いです。ただでさえ塗膜が厚くなるので擦れやすくなり剥がれ易くなるので少しでも長持ちさせるため強溶剤の塗料を使った方が良いと考えています。

神戸市垂水区 T様邸 外壁ガイナ塗装

今回塗り替えている神戸市垂水区のT様邸は断熱塗料ガイナを使用して塗り替えます。

昨日の続きで軒の上塗り2回目と外壁の上塗りにガイナを塗っていきます。

201512717749.JPG20151271784.JPG  
201512717819.JPG201512717830.JPG  
   

日進産業の断熱塗料ガイナは一般的な塗料より規定量を塗りきることが重要になりますので、上塗り3回塗りがメーカー推奨の工程になります。

14kg缶1缶で30㎡から35㎡が規定量ですので外壁130㎡ですと4缶必要になります。正規施工店では日進産業に現場住所・平米数・施主名などを報告して施工しています。

ページ上部へ