2015年08月

神戸市須磨区 T医院 壁面防水塗装

以前雨漏りして止水工事をさせていただいた個人医院で別の箇所から雨漏りしたので、調査後再度壁面防水塗装をします。

足場組み以前に浸水箇所と思われる目地のクラックやサッシ廻りはシーリングしていたので、この日は外壁下塗り(弱溶剤エポキシシーラー)と足場の上から浸水の可能性のある個所をチェック・シーリングしました。

201585191740.JPG201585191752.JPG  
20158519187.JPG201585191823.JPG  
201585191837.JPG201585191852.JPG  

小さなクラックもシーリングして雨漏りしないように処理し、さらにアクリルゴム系の塗料で塗装しますので壁面からの雨漏りは止まります。

ベランダ笠木の端部分に水切りの隙間があったのでこれも塞ぎました。サッシのガラスのパッキンも外れていたのでこれもはめ直すかシーリングかで雨が入らないようにします。

屋上は数年前に他の工務店がウレタン防水しており塗膜もしっかりしているので屋上からの雨漏りは考えにくいのでまず大丈夫です。施工後にもし同じ個所から雨漏りすれば無償で止まるまで直しますのでご安心ください。

 

ページ上部へ