ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

神戸市垂水区 H様邸 屋根塗装工事 

各所の仕上げと手直し、清掃と胴差の天端にシーリングを行います。

201741955243.JPG201741955254.JPG  
20174195534.JPG201741955315.JPG  
   

塗装工事は大方終わったのですが、雨漏りしている軒樋からの補修をしようと、過去に補修してあったシーリングを剥がすと軒樋の角部分が砕けてしまっていて交換しないと直せない状態でした。急きょ屋根屋さんに来てもらい部材を確認してもらい廃番になっていた軒樋の部材を探してもらいました。火曜日の足場解体には何とか間に合わせ、交換と塗装を行えそうでほっとしました。

神戸市垂水区 H様邸 屋根塗装工事 雨戸吹き付け

神戸市垂水区の現場では30枚くらいある雨戸の吹き付け塗装を行います。

雨戸の塗り替えで大切になるのはケレン作業(表面の錆や旧塗膜を落とす)と材料の選択です。かといって養生や吹き付けが簡単かといえばそんなことはありませんが。

ケレンは仕上がりに直接影響しますのでケレンが悪いと仕上がりも当然悪くなります。また材料の選択を間違えていると耐久性が落ち剥離などの不具合が起きやすくなります。雨戸が過去に塗り替えてあるかないか?門下塗装ではその材質と傷み具合によって材料、特に下塗りを変えています。

201741954950.JPG20174195502.JPG  
201741955020.JPG  
   

神戸市・明石市の外壁塗装・塗り替え工事は門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 H様邸 屋根塗装工事 付帯部上塗り

天気も回復したので屋根塗装が終わった神戸市垂水区の現場では樋などの付帯部分の上塗り2回目を塗ります。

201741461010.JPG201741461021.JPG  
201741461035.JPG201741461049.JPG  
20174146112.JPG201741461113.JPG  

この家の外壁は前回の塗り替えでセラミック塗料の吹き付けの上に光触媒コーティングがしてありました。

セラミックの塗膜は傷んでいなかったので、塗り替えではなく洗浄で済ませましょうと提案していたのですが、光触媒コーティングが効いていて高圧洗浄だけで外壁はかなりきれいになりました。こびりついてはいなかったですが埃や苔で外壁は汚れていましたし、足場なしで高圧洗浄は出来なかったので、高額の費用をかけて光触媒コーティングをするのは施主様にとってどうなのか疑問ですね。

明日は30枚くらいある雨戸の吹き付け塗装を行います。

神戸市垂水区 H様邸 屋根塗装工事 屋根の上塗り他

雨と日曜を挟んで3連休しましたが、神戸市垂水区の塗り替え工事を再開します。

今日は屋根の上塗り2回目とさらに屋根用のクリヤー塗装を行います。

201741292920.JPG201741292944.JPG  
201741292931.JPG20174129301.JPG  
201741293014.JPG201741293027.JPG  

屋根に上塗り1回目を塗った後、目に付く小さなクラックをエポキシの補修材で補修し、上塗り2回目を塗りました。

乾燥待ちの間に、屋根の水切り金物や玄関庇などを塗り、屋根の仕上げに特殊シリコンクリヤーを塗って屋根を仕上げます。

クリヤー塗装することでフッソ並みの耐候性を付加し、瓦を保護します。

 

神戸市垂水区 H様邸 屋根塗装工事 付帯部分の塗装1

あまり天気が好くないので、屋根の塗装は行わず付帯部分の塗り替えを進めていきます。

201741292026.JPG201741292038.JPG  
201741292054.JPG201741292111.JPG  
201741292126.JPG201741292143.JPG  

下塗りの必要な箇所は下塗りしを塗り、そのあと樋や破風などに上塗りの1回目を塗装しました。

天気予報が当たり、3時くらいから雲が厚くなってきたので、少し早めに作業を終えました。

明日から雨の予報が続いているので、次の作業は天候が回復してからですね。

神戸市垂水区 H様邸 屋根塗装工事 屋根の上塗り1回目

今回塗り替える屋根はブルック瓦というセメント瓦でした。オリエンタル塗料のニューマイルド優雅を使い塗り替えます。

20174117820.JPG20174117834.JPG  
20174117854.JPG2017411797.JPG  
   

棟押さえ金物の釘が抜け出ていたりなくなったりしていたので、まずは打ち直しました。屋根金物には専用の下塗りを塗り、上塗りは屋根と同じものを塗っていきます。

オリエンタル塗料の材料は基本的に下塗りはなく上塗りのみで塗り替えていきます。と聞くと心配になる方もおられるかも知れませんが、屋根専門の塗料メーカーですので全く心配ありません。ただし材料単価は高いです。通常より1工程減るの平米単価と考えると他メーカーの塗料を使用したときとそう変わりません。

神戸・明石の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 H様邸 屋根塗装工事 高圧洗浄

足場組みの終わった神戸市垂水区の現場に屋根と外壁の高圧洗浄に来ました。

201741164420.JPG201741164430.JPG  
201741164441.JPG201741164452.JPG  
201741164510.JPG201741164524.JPG  

屋根などの高圧洗浄前に付帯部のケレン・目粗しを行いました。

高圧洗浄では特にベランダ土間に敷いてある敷物をのけて土間に溜まったゴミまでしっかりと洗浄しました。敷物が敷いてあると直射日光が当たらないので劣化しにくくなるのですが、ゴミが溜まることで水気が抜けにくくなりそのことは防水層によくありません。敷物を敷いて年1回程度洗うのが防水層には良いのでしょうが、敷物をのけることも大変なのでこんな時にしか出来ませんね。

 

神戸市垂水区 H様邸 屋根塗装工事 土間の洗浄

昨年の冬に屋根のみを塗り替えたいとお問い合わせいただいた神戸市垂水区のH様邸の屋根塗装工事が始まります。

10年ほど前に塗り替えた時に外壁に光触媒のコーティング剤を塗布してあったため、未塗装だったセメント瓦のみを塗りたいというお話でした。

外壁以外の付帯部分も塗り替えてあったのですが、状態があまりよくなかったので、その部分については今回の塗り替えで塗り替えることを提案しました。

光触媒コーティングがしてある上は塗料の密着性が良くなく(一応塗り替えが出来る下塗り材が発売されていますが信頼しきれないので、当店ではまだ使いたくないです。)洗浄である程度綺麗になりそうだったので、今回の塗り替え工事では外壁と軒天以外の部分を塗り替えていきます。

今日は足場組み前の土間の洗浄です。

201741163736.JPG201741163748.JPG  
   
   

明日足場組みを行い、そのあと家屋の高圧洗浄を行います。

神戸市垂水区 O様邸 ベランダ土間防水ほか

今日は屋根屋さんが来て新しい樋を取り付けていきます。

門下塗装の職人は邪魔にならない様にベランダ土間の防水と外構廻りの配管塗装などを行います。

201732912627.JPG201732912640.JPG  
201732912657.JPG201732912710.JPG  
   

明日検査と手直しを行い、週明けの月曜に足場解体を行います。

神戸市垂水区 O様邸 胴差の仕上げ

いよいよ終わりが近づいてきました。今日は付帯部分の新設した胴差や鉄部を仕上げていきます。

201732912140.JPG201732912151.JPG  
20173291224.JPG201732912216.JPG  
   

 

ページ上部へ