ホーム>スタッフブログ>下地処理

下地処理

明石市 断熱塗料ガイナでの塗り替え シーリング打ち替えと鉄部の下塗り

協力業者のシーリング屋さんに来てもらい明石市のI様邸の外壁シーリングとサッシ廻りのシーリングの打ち替え工事を行います。

201782263441.JPG201782263453.JPG  
201782263514.JPG201782263536.JPG  
201782263550.JPG  

硬化してしまっていたサイディング目地の既存シーリングを撤去し、オートンシールで打ち替えます。

サッシ廻り・軒廻りは撤去せずに増し打ちでの施工になります。

門下塗装の職人はシール屋の職人の邪魔にならない様に気を付けながら、鉄部の下塗りを行いました。

201782263953.JPG20178226408.JPG  
201782264033.JPG201782264050.JPG  
   

今回が初めての塗り替えのため鉄部はカラー鋼板が使用されていて錆は全く出ていませんでした。

門下塗装では密着性の良くないカラー鋼板の塗り替えの下塗りには強溶剤型のエポキシプライマーを使用し、将来起き得る塗膜の剥離が起きにくくしています。

外壁塗装は神戸市・明石市を中心に塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

神戸市須磨区 マンション改修工事 まだ下地補修工事

関西地方には警戒していたほどの暴風雨はなく、月曜には台風も去り、火曜日から作業を再開できました。

今日の神戸市須磨区のマンション改修工事の作業内容は下地補修の続きで雨水の浸み込みそうな面に水性塗布防水を仕込むことと、外壁の亀裂誘発目地のシーリングです。

201781494041.JPG201781494053.JPG  
201781494122.JPG201781494137.JPG  
201781494149.JPG20178149424.JPG  

明日から下地補修の終わった外壁面の外壁塗装を行います。

その前にまだ塗れていなかった鉄部の錆止めも行いました。

20178149450.JPG201781494513.JPG  
   
   

今回の改修工事では施工前の想定以上に既存塗膜の状態が良くなく、下地補修に手間がかかっています。

現状の説明をしっかりとして、施主様に納得いただいた上で追加の下地補修をしています。

今回の場合は脆弱な塗膜の全面剥離とその部分の樹脂モルタルでの素地調整です。

目をつぶって、上記の工程を行わず、予定していた補修のみで塗装してもとりあえずきれいに仕上げることは出来るのですが、数年してから補修不足の影響で塗膜の膨れや剥離が出てくる可能性が高まります。

末長く施主様とお付き合いいただくために門下塗装では、事前に現状の状態と工法の説明を行い、途中で見つかった不良箇所についても状態とリスクと補修方法の説明を充分に行って改修工事を進めます。

神戸市須磨区 マンション改修工事 下地補修工事 シール・素地調整

神戸市須磨区のマンション改修工事の今日の作業はサッシ廻りのシーリング打ちと塗膜を剥離した箇所の素地調整です。

20178136277.JPG201781362718.JPG  
201781362737.JPG  

サッシ廻り主に面台との取り合いのシール撤去部分にシール用プライマーを塗布し、ノンブリードウレタンシーリングでシールしました。

 

 

 

 

 

 

 

20178136284.JPG201781362817.JPG  
   
   

塗膜を除去した後には樹脂モルタルで素地調整し、肌合わせのパターン塗りをしていきます。

来週台風が関西にも直撃するようです。

メッシュシートを絞って台風に備え、明日の日曜と台風の影響がある間は作業を休みます。

 

神戸市須磨区 マンション改修工事 下地補修工事塗膜除去作業

昨日終われなかった既存不良塗膜の除去などの作業を行います。

201781361650.JPG20178136174.JPG  
201781361736.JPG201781361750.JPG  
201781361811.JPG201781361831.JPG  

パラペットの塗膜と外壁、そしてバルコニー面台などに塗膜の浮きがありスクレーパーなどで除去しました。

201781362116.JPG201781362135.JPG  
   
   

サッシ廻りのシールの不良部を撤去し、明日からシーリング補修をします。

神戸市・明石市の外壁塗装・屋根塗装は塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

神戸市須磨区 マンション改修工事 下地補修と外壁高圧洗浄

以前からご自宅のメンテナンスを任せていただいている施主様より、

所持されている神戸市須磨区のマンションの改修工事を依頼され、

着工しました。

昨日足場組みが終わって今日は高圧洗浄と不良箇所の補修を行います。

20178755558.JPG20178755625.JPG  
20178755637.JPG20178755717.JPG  
20178755730.JPG20178755743.JPG  

浮きの有ったパラペット外壁などの不良部分の浮きを除去しようとすると、

パッと見は大丈夫と思われた部分まで密着が悪く

スクレーパーでめくれてしまいました。

外壁の高圧洗浄は居住者様に事前に告知している為、

どうしてもこの日に終われせたかったので

午後からは剥離作業をやめて、

高圧洗浄を行いました。

神戸市西区 外壁塗装屋根塗装工事 各所下塗りと下地補修

付帯部分のケレンと下塗り、そして乾燥後には塗れるところまで上塗りの1回目を塗ります。

201772163738.JPG201772163751.JPG  
201772163815.JPG201772163826.JPG  
201772163930.JPG201772163943.JPG  

他にも外壁のクラック補修と旧塗膜を剥離した門塀の雨水侵入箇所のシール補修なども行いました。

20177216414.JPG201772164116.JPG  
201772164132.JPG201772164157.JPG  
201772164213.JPG201772164226.JPG  

門柱の壁面の塗膜が浮いていたのですが、原因は貫通孔に入った雨水が内部のクラックにしみ込み水蒸気となって表面に出てきたことが大きそうです。

外灯・ポスト・インターホンの廻りの隙間をシーリングし雨水が入りにくくしました。

個人住宅の外壁の塗装は神戸市垂水区を拠点に神戸・明石市などで塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区 外壁ガイナ塗装・屋根塗装工事 各所ケレンと外壁の洗い直し

先日、外壁と高圧洗浄を終わらせた、神戸市垂水区の現場に付帯部のケレン作業に来ました。

鉄部のケレンと樋などの目粗しをして、下塗りを塗る予定でした。

20177493722.JPG20177493735.JPG  
20177493749.JPG20177493759.JPG  
   

チョーキングの激しかった外壁もしっかりと高圧洗浄したのですが、まだ色粉が残っていて手に汚れが付く状態だったので、急遽予定を変更し再度水洗いを行いました。

今度はケレン用のタワシでこすってから洗い流すようにして洗浄しました。

20177494133.JPG20177494154.JPG  
   
   

関西地方は梅雨真っただ中のため毎日空と天気予報を見て作業するかどうかを決めています。

神戸市垂水区 デザイナーズ住宅塗り替え 木部補修大工工事

今日は神戸市垂水区の現場では、門下塗装の職人は外壁補修と下塗りなどを行っていきますが、大工さんに来てもらいベランダ垂れ壁の交換も行います。

2017624203647.JPG201762420372.JPG  
   
   

なぜか雨当たりの垂れ壁にコンパネ(木製合板)が使われており、水がまわってボロボロになっていました。大工さんに来てもらい、めくってもらったら二重張りになっていたのですが、2枚目もかなり傷んでいました。

2017624204057.JPG 2017624204111.JPG
   
   

錆びてしまった板金に錆止めを塗りコンパネを補修貼りし、防水シートを仕込んでから今度はケーカル板を貼り付けました。

残念ながら写真を撮り忘れてしまったのですが、次はそんなに簡単には傷みませんので、次回の塗り替えの時には補修工事は必要ないです。

神戸市・明石市の個人住宅の塗り替え工事は門下塗装にお任せください。

 

神戸市垂水区 デザイナーズ住宅塗り替え 外壁下地補修 

まずは昨日からの続きで下地補修工事を進めます。

2017624202928.JPG2017624202938.JPG  
2017624202955.JPG201762420306.JPG  
   

クラック補修をした外壁に肌合わせ用のパターン塗りを行い、最後に吹き抜け部分の外壁に下塗りを塗りました。

この吹き抜け部分は明日、中塗りとして微弾性フィラーをパターン塗りします。

神戸市垂水区 デザイナーズ住宅塗り替え 各所下塗り

この日の神戸市垂水区の現場作業は土間の養生から始まり、木製面格子の撤去と鉄部の下塗りを行いました。

201762420237.JPG2017624202319.JPG  
2017624202354.JPG2017624202332.JPG  
   

外壁クラックの補修と誘発目地のシール補修も進めていきました。

 

ページ上部へ