ホーム>スタッフブログ>建物付帯塗装>神戸市長田区 H様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 付帯部ケレン・下塗り
建物付帯塗装

神戸市長田区 H様邸 外壁塗装・屋根塗装工事 付帯部ケレン・下塗り

今回塗り替えを行う神戸市長田区の現場では付帯部分のケレン作業がまだだったので、まず鉄部や破風などのケレンを行い、そのあとそれぞれの材質に応じた下塗り材を下塗りします。

20179107453.JPG20179107517.JPG  
20179107541.JPG2017910762.JPG  
   

このH様邸は過去に一度塗り替えを行っていたので、被塗装部位の材質、前回塗り替えたかどうか、塗膜の種類などで下塗り塗料が代わってきます。

今回使用した下塗り材は弱溶剤2液型エポキシさび止めと2液型弱溶剤エポキシシーラー・強溶剤2液型エポキシプライマーの3種類です。

門下塗装では1液型と2液型がある場合ほとんど2液型の塗料を使用します。

1液型塗料は自然乾燥中に塗料内の分子が結合して塗膜を形成します。それに対し2液型は硬化剤と主剤が化学反応を起こしより強固な塗膜を形成します。

ただし2液型塗料は混合すると可使時間をあり、硬化してしまうため材料のロスが出やすく、また道具の手入れも念入りに行わないと次回使用できなくなります。

201791071245.JPG201791071310.JPG  
201791071329.JPG201791071349.JPG  
   

下塗りが終わって少し余った時間で上塗りの1回目を塗り、この日の作業は終了です。

上塗り塗料も2液型の塗料で、よく使用される弱溶剤ウレタン塗料ではなくもう1ランク上の弱溶剤シリコン塗料です。

20179107307.JPG201791073020.JPG  
   
   

神戸市明石市の外壁塗装・屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kadoshitatosou.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1576

ページ上部へ