ホーム>スタッフブログ>2013年9月

2013年9月

外壁塗装 屋根塗装工事 神戸市垂水区K様邸 外壁塗装2

今日は、昨日中塗りの1回目を終えた面の中塗り2回目を塗りました。狭い部分はベビーローラーで入り隅はコーナーローラーでベタ面は7インチローラーでパターン塗りしました。

IMGP0782.jpgIMGP0783.jpg  
IMGP0784.jpg  
   

半日かからずに外壁中塗り2回目が終わったので、午後から屋根のシーラー塗りと縁切り(タスペーサー)を行いました。

IMGP0786.jpgIMGP0788.jpg  
IMGP0789.jpg  
   

門下塗装では屋根の塗装は水性の材料より弱溶剤の塗料を良く使います。

基本的には水性より溶剤の方が密着性・対候性に優れたものが多いです。しかし臭いがきついという事と既存塗膜によっては使用できないというデメリットがあります。

外壁塗装 屋根塗装は神戸の塗り替え専門店・門下塗装にお任せください。

 

 

外壁塗装 屋根塗装工事 神戸市垂水区K様邸 外壁塗装1

今日から外壁を面ごとに塗装していきます。今回の外壁塗装の仕様は複層弾性塗材仕様ですので養生から養生バラシまで3日かかります。

2回に分けて塗っていくので外壁塗装に最低6日間かかります。この日の作業は養生・シーラー・中塗り1回目・軒塗装1回目・2回目です。

IMGP0770.jpgIMGP0771.jpg  
IMGP0778.jpgIMGP0781.jpg  
   

大きな面はローラーでサッシ廻りなどは刷毛塗りしています。上段はシーラー塗り、下段は中塗りのパターン塗りです。

IMGP0773.jpgIMGP0772.jpg  
IMGP0776.jpgIMGP0777.jpg  
   

軒天ボードも刷毛とローラーで2回塗りしました。

神戸市の外壁塗装・屋根塗装は門下塗装にお任せください。

 

外壁塗装 屋根塗装工事 神戸市垂水区K様邸 下地補修

サイディングのシーリング打ち替えと平行して、モルタル面の下地補修と各所下塗・中塗も行いました。

IMGP0759.jpgIMGP0760.jpg  
IMGP0768.jpgIMGP0769.jpg  
   

スタッコをグラインダーでヘッドカットしたときに削りすぎた部分はカチオンフィーラーで補修し、小さなクラックはアクリルシーリング材を刷り込みます。

このクラックは中塗(レナフレンド)2回塗りでほぼ消えますが、施主であるK様が特にこれらのクラックを気にされていたので念のための工程です。

IMGP0761.jpgIMGP0764.jpg  
IMGP0762.jpgIMGP0763.jpg  
   

焼付け塗装部分とアルミ部分には非鉄金属用エポキシプライマーを塗り、その後弱溶剤シリコン塗料を2回塗りします。

外壁塗装の前に上塗り1回目を塗っています。

外壁塗装 屋根塗装は神戸の塗り替え専門店・門下塗装にお任せください。

外壁塗装 屋根塗装工事 神戸市垂水区K様邸 シーリング

シール屋に来てもらいサイディング部分の目地のシールを打ち替えてもらいました。

SD目地は既存シールを撤去して打ち直し、サッシ廻りと入り隅は増し打ちです。

IMGP0757.jpgIMGP0756.jpg  
IMGP0766.jpgIMGP0765.jpg  
   

シールを打ちなおしたサイディングは今回はクリヤー仕上げで塗装します。

神戸の塗り替えは門下塗装にお任せください。

外壁塗装 屋根塗装工事 神戸市垂水区K様邸 高圧洗浄

昨日スタッコヘッドカットが一部残ったので、続きを終わらせてから今日は水洗いをしました。

IMGP0748.jpgIMGP0749.jpg  
IMGP0752.jpgIMGP0754.jpg  
IMGP0755.jpgIMGP0753.jpg  

グラインダーを使ってスタッコのヘッドカットをしたので、かなりのゴミ(塗膜の樹脂と珪砂)が出ていてそれらの掃除と洗浄に半日以上かかってしまいました。

明日からは下地処理と錆止め・下塗を始められます。

外壁塗装 屋根塗装は神戸の塗り替え専門店門下塗装にお任せください。

外壁塗装 屋根塗装工事 神戸市垂水区K様邸 ヘッドカット

築6年くらいの建物ですが、外壁に小さなクラックが多数入っており施主のK様がそれを気にされているので少し早めの塗り替えになります。

ベランダ下に後付のサンルームがあり、雨が降るとその壁にあるクラックから水がしみ出して来ていました。サンルーム廻りのシールはすべて打ち直したので原因は壁に入ったクラックでサンルームの上の亀裂から浸入した水がサンルーム内の亀裂から出て来ています。この亀裂は貫通していないので今すぐ中に水漏れはしないですが、K様が気にされていることもあり今回の外壁塗装は壁面防水塗装を行います。

既存吹き付けは小粒のアクリルスタッコですが表面が引っかかって嫌だそうなので、表面をグラインダーでヘッドカットしました。

IMGP0741.jpgIMGP0742.jpg  
IMGP0743.jpg  
   

神戸の外壁塗装 屋根塗装は門下塗装にお任せください。

見積もり依頼

古い付き合いの工務店の社長さんから久しぶりに連絡があり、門下くんの家の近所の物件で前回素人が塗って無茶苦茶してるから見に行ってと頼まれました。

素人が4階建てのビルの塗り替えは出来んやろ。と内心思いながら見に行くと本当に素人の仕事でした。

クラック処理も出来てないし壁の浮きもそのままやし、屋上防水も切れているまま訳のわからん上塗りのみを塗っているし、雨漏りしているのですが雨の浸入箇所が多すぎて参ってしまいます。

IMGP0632.jpgIMGP0633.jpg  
IMGP0659.jpgIMGP0673.jpg  
IMGP0676.jpgIMGP0686.jpg  

塗装工事をお考えの方は1社の見積もりで決めずに数社で相見積もりを取ってください。そして聞いても分からんからと思わずに、しっかり説明を聞いてください。工事内容だけでなく出来るだけ相手を見てください。そうすれば少しでもこんなくだらない仕事をする業者に引っかからなくなると思います。

神戸市垂水区雨漏り2

先週止水工事を行ったI様邸にご主人もお休みで家にいらっしゃる今日(日曜)、施工内容の説明と実際に漏水が止まっているかの確認に行きました。

まず排水口だけに水を流し、大丈夫なら玄関上の庇に水を張ってそれから瓦に水をかけて・・と思っていたら、配管にしか水を流していないのに照明器具とタイル目地から水が漏れてきました。まさか配管が詰まってオーバーフローしているのか?配管の根元を切ると見事に水が噴出してきました。

今回埋めた漆喰の隙間に入った雨水が軒から出るときに、土も一緒に流し、庇に溜まった土が立て配管に流れ下部で完全に詰っていました。

原因がわかったので、次回の工事では地中の横配管につながず、排水できるように配管を取り替えます。

雨漏りはなかなか原因が特定できませんね。

神戸市の漏水・雨漏り・防水は早急に対応いたしますのでお気軽に門下塗装までお問い合わせください。

 

かどしたのひとりごと

先日見積書を提示したN様からご契約をいただけました。

N様が想定していた塗り替え費用をオーバーしていて、相見積もり相手より当店のほうが高かった(提案した施工内容が少し違いましたが)のに、「私も主人も門下さんを気に入って信頼できそうだからお任せします」と言っていただきました。ありがとうございます。

工事が終わってやっぱり任せてよかった。また10数年後にもまた門下塗装に任せようと思っていただける仕事を行いますのでご安心ください。

IMGP0435.jpg

外壁塗装 屋根塗装は神戸の塗り替え専門店・門下塗装にお任せください。

神戸市須磨区雨漏り2

昨日、中塗りまで終わっていたT医院の外壁防水塗装の上塗りに行きました。

IMGP0593.jpgIMGP0594.jpg  
IMGP0595.jpgIMGP0596.jpg  
   

左上の写真は中塗り(防水型高弾性塗材)2回目が終わっている状態です。弾性ウレタン塗料を2回塗りして終了です。

今回は部分塗装でしたので、コスト削減とこの部分のみが長持ちしても仕方ないので、弾性ウレタン塗料を使用しました。

次は雨待ちです。漏水が止まったことが確認できたら、玄関廻りの天井と壁を大工さんにはり直してもらいます。

神戸市の外壁塗装・屋根塗装は門下塗装にお任せください。

ページ上部へ